東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

個人事業主として仕事を始める時の手続きを理解しよう

個人事業主の開業届書の書き方を理解しましょう

00023274_T2納税地は自宅を事務所として使うのであれば事務所の住所を書き、事務所を借りるのであれば事務所の住所を書きます。貸事務所を借りても引っ越す可能性がありますから、納税地の欄には自宅の住所を書く人が多いようです。納税地の下に事業所の住所を書く欄がありますが、レンタルオフィスを借りる場合でも記載しなくても大丈夫なようなので、後々処理しやすいようにしておきましょう。このように、個人事業主の場合は事業所に関する手続きも、手軽にできるようになっていますので、安い料金で利用できるレンタルオフィスやバーチャルオフィスなどが使いやすくなっています。そこが煩雑な手続きが要求される会社組織よりも、手軽に運用できる個人事業主を選ぶ人が多い理由と言えるでしょう。個人事業主として仕事をする以上は、このようなメリットを最大限にいかして活動するべきです。特に忙しい起業したばかりの時期に、全ての仕事を自分一人でしようとすると大変ですから、レンタルオフィスなどのサービスを利用することを検討しましょう。

納税地・事業の次は、氏名を書く欄です。氏名を書いて捺印をしますが、捺印は実印以外のものでも構いません。
職業欄にはどのような仕事をするのか書くことになりますが、総務省統計局の日本標準職業分類を参考にしてください。職業によって税率が決まってきますので、そのことも考慮して職業を決めるようにしましょう。職業欄の隣に屋号の欄もありますが、屋号がない場合は空欄にしておいても問題ありません。

そして、開業日や詳しい事業内容などを書いて行きます。全て書き終わりましたら、一度内容を見直して間違いや記入漏れがないことを確認しましょう。
開業届書は税務署に持って行くか郵送することになりますが、記載方法で分からない箇所がある場合は直接税務署に持って行って、説明を受けながら書くようにしましょう。税務署のスタッフが丁寧に説明してくれます。提出期限は事業を開始してから一ヶ月以内となっていますので、提出期限に遅れないように、早めに開業届出書に記入をして提出するようにしましょう。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-kojin