東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

起業家必見!!意外と知られていない起業する人が応募できる助成金

起業時の資金不足を解消するために助成金を利用しよう

起業時にみんな苦労するのが、基金繰りです。ほとんどの人は十分な資金を持たない状態で起業しますから、どうしてもお金が不足してしまいます。使える資金が少ないと事業内容が良くても、事業を存続するのが困難になってしまいますので極めて重要な問題です。
そこで考えてみたいのが、助成金を利用するという方法です

何かと分かりづらかったり手続きが面倒なので敬遠されがちですが、助成金は返済する義務がないので大変魅力的な存在です。助成金が利用できれば、その分事業が成功する確率を高めることができます。起業時の資金不足を解消するために、助成金に応募をすることを検討してみましょう。

起業家のための創業促進補助金と地域中小企業応援ファンド

助成金制度はいくつかありますが、起業家を対象としたもので有名なのは、創業促進補助金地域中小企業応援ファンドでしょう。
創業促進補助金は起業する人に対して、必要となる経費の一部を助成するものです。補助率は2/3で、100万円~200万円の範囲で補助が行われます。平成27年度は応募が1170件あって、775件が採択されました。創業促進補助金は公募期間が短いですから、独立行政法人中小企業基盤整備機構のWEBサイトなどで日程を確認するようにしましょう。

地域中小企業応援ファンドのスタート・アップ応援型という助成金も、起業家のための助成金制度です。この助成金は地域に密着する事業を行う中小企業を対象にした助成金で、申し込みを後に審査が行われて、採択されると助成金が交付されます。助成対象の一部が助成されますが、基本的には清算払いで助成金が交付されることになっています。この助成金に応募するためには、事業を行う本社のある都道府県のファンドに申請することになりますが、神奈川県・埼玉県・群馬県にはファンドが造成されていません。

他にも、地域自治体が起業する人のために行っている助成金制度などもあります。その地域で開業する人を対象とするもので、応募条件や助成金の内容については、自治体ごとに異なります。自治体のWEBページなどを参考にして、助成金制度の詳細を確認しましょう。
助成金制度は、新たに設けられたり廃止されたりしやすいので、応募しようと思っていたら既になくなっていたということにならないように、最新の情報を入手することが大切です。事業を立ち上げる時期は、やることが多くで大変ですが、定期的に役所のWEBサイトなどを訪問して、助成金に関することを調べておくようにしましょう。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-use