東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

週末起業とはどのような事業運営の方法なのか

週末起業と従来の起業とどのように違うのか

週末起業とは週末の空いている時間を使って事業を始めることですが、厳密な定義はないので、週末に限らず平日の空いている時間で起業することも週末起業と考えても良いでしょう。主婦が家事の合間に起業をしたり、定年退職した人が余暇に事業を開始することも、週末起業の一種と考えることもできます。週末起業という言葉にとらわれずに、余裕を持って起業するスタイルと捉えれば良いでしょう。寝食を忘れて仕事に没頭して、大きな金額の資金を動かすという従来の起業に関するイメージと対極にあるスタイルです。今までの起業のやり方では、実際に実行できる人がかなり限定されてしまいますが、週末起業であれば多くの人が実行できるでしょう。特に最近は働き方も多様化していますので、一人で事業を始めてもそれ程不思議ではありません。事業内容さえ良ければ、多くの人に利用してもらうことができます。たくさんの人に利用してもらって、喜んでもらえることも週末起業の魅力の一つです。

法人組織を設立せずに個人事業主として開業しても、週末起業を始めることができますので、週末起業をすることを考えてみると良いでしょう。ダラダラと過ごしていた週末が週末起業することで、充実した時間になる可能性があります。

週末起業に向いている人とは

週末起業に向いているのは人との約束を守り、時間管理のできる人です。多くの人と一緒に働くサラリーマンと違って、週末起業では自分が事業を代表することになります。事業を代表する人が取引先やスタッフとの約束を守れないようでは、事業そのものの信用がなくなって、事業運営が失敗する確率が高くなります。余裕を持って仕事をする週末企業でも、事業を運営することに変わりがありませんから、起業をする以上は成功させなくてはなりません。約束を守らずに、いい加減に事業運営するようでは、人に迷惑を掛けてしまうので止めた方が良いでしょう。本業以外の事業であっても責任を持って取引先やスタッフに接し、一度した約束は必ず守る人でなければ、週末起業に向いていません。

通常の仕事と同じように時間管理ができないと、限定された時間内で効率的な作業はできません。特に週末起業は、事業運営に使う時間が少ないので、しっかりと時間管理をしないと、何も作業をしない内に時間切れとなってしまいます。時間を気にせずに、作業をしてしまう人も要注意です。作業し過ぎて十分に休まないので、本業に影響が出て問題となってしまいます。しっかりと時間管理ができることを確かめてから、週末起業を始めましょう。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-syu