東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

週末起業に利用したいバーチャルオフィスとレンタルオフィス

電話対応をしてくれるバーチャルオフィス

イメージ週末起業の場合は、本業をしている平日の昼間などに、事業運営をする訳に行きません。顧客からの電話に事業内容を良く理解していない家族が出たり、留守電になっていたのでは、顧客の印象が悪くなってしまいます。

このような問題を解決するために利用したいのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは、住所と電話番号を貸してくれるサービスで、外部の人から見るとそこに会社があるかのうに対応をしてくれます。起業をする時に連絡先をバーチャルオフィスにしておけば、昼間の電話対応は心配することがなくなります。週末起業は全てを自分でやるのは無理ですから、バーチャルオフィスのような手価格で利用できるサービスを活用する必要があるのです。平日の昼間も顧客から電話がかかってくる可能性のある場合は、バーチャルオフィスの利用を検討してみましょう。

安い料金で事務所を用意できるレンタルオフィス

イメージレンタルオフィスは住所と電話番号を貸してくれる他に、事務所スペースも貸してくれるサービスです。バーチャルオフィスを利用する以上に、事業運営しやすい環境が構築できます。貸してくれる事務所スペースは、1~3人程度が作業できる広さですが、週末副業であれば十分でしょう。毎月の利用料金がバーチャルオフィスより高くなりますが、事業専用のオフィスを作ることができます。自宅に事業のスペースを確保できなかったり、落ち着いて作業する場所が欲しい人には最適なサービスです。

レンタルオフィスには最初から机・椅子・電話やインターネットなどの通信環境が整っていますから、自分で何も用意する必要がありません。それに、会議室や応接室も貸してくれますので、事業の打ち合わせをする時に使うことができます。自宅や喫茶店などでは落ち着いて打ち合わせできませんが、レンタルオフィスの会議室であれば周りを気にせずに、思う存分事業について話し合うことができるでしょう。

できるだけ費用をかけずに事業運営するのが週末起業の原則ですが、やはり事業専用のオフィスがないと緊張感を持って事業運営できないという人はレンタルオフィスを借りることを検討するべきでしょう。売り上げのない段階で利用するのが難しいのであれば、事業運営が軌道にのって毎月収入を得られるようになってから、レンタルオフィスを利用すると良いでしょう。専用のスペースで作業をすれば、より効率的に事業運営ができます。事業内容や自宅などのことを考えて、レンタルオフィスを利用した方が良いのかを検討してみましょう。

問合せ
問合せ

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page