東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • 電話代行付きバーチャルオフィスも格安月額7,871円東京最安値クラス

バーチャルオフィスで銀行口座の開設

バーチャルオフィスは実際のオフィスを持たないでコストも大幅でに削減できますが、デメリットも存在します。
そのデメリットの一つが、銀行口座の開設です。バーチャルオフィスにしろそうでないにせよ、銀行は
新規設立法人口座の開設に厳しくなって個人、法人問わず銀行口座をつくることが難しくなってきました。
特にバーチャルオフィスの場合、銀行口座を開設するのは一般の賃貸オフィスでの起業に比べ、難しいと言わざるえません。
というのも、銀行口座が振り込み詐欺などに利用されるなど、犯罪に利用されるケースが増えているからです。
もちろん必ずしもバーチャルオフィスの場合銀行口座がつくれないというわけでありませんが、つくれない
場合もあるのです。弊社のお客様の中にも銀行口座を開設したお客様もいれば、銀行の審査に落ちたお客様もいました。
最終的には全て銀行が決めることなので、ここでとやかくいえませんが、
銀行口座を開設しやすいようにするために方法はます。

銀行は取引するに値するかどうか判断する点は実態のある会社かどうかという点です。
もちろん審査が通りやすい業種と事業目的が曖昧だったり、事業内容が複数あったりすると銀行にとって、会社の実態を把握するのがわかりづらくなってしまい
審査にとって厳しい評価になります。

そこで何が一番重要かというと、事業内容をはっきりさせ、信頼が持てる会社だということを印象つけることです。
銀行見る点はしっかりとした事業内容を行っているかということです。

1名刺の準備

会社の名刺もロゴや電話番号等を載せしっかりとしたものを持ちましょう。

2FAXや電話番号は固定電話の方が印象がいい

こちら名刺に記載する電話番号等は03等の市外局番がつく電話番号の方が印象もよくなります。
名刺にも記載されますの

3会社案内など用意する

銀行口座にかかわらず、今後の取引のことなど考えた場合、しっかりとした会社案内などは必要です。
POWERPOIt などでつくることもありですが、見栄え重視のため、一式作っておいたが方が
無難です、今は印刷もかなり安くなっている。

4営業パンフレットや見積り書、契約書などを用意する

売上の主となる商品やサービスが記載されている商品パンフレットは前もって用意した方がいいでしょう。
前にも銀行が欲しい情報は事業内容の実態です。

5事業計画書

事業計画書はこれから新しく始める事業がどのように成長していくのかを説明する書類です。融資を受ける場合必ずといってもいいほど、
金融機関から事業計画書の提出を求められますので用意されている方もいると思います。
銀行口座の開設にもこのような事業計画書があれば、より事業内容がはっきりわかりますし、将来の成長に期待感をもたせることが
可能なので、用意しておけばよりベターでしょう。

6ホームページ

銀行口座開設に資料として提出せよ要求されるのがホームページをみせよといってくる銀行が以外と多いです。
会社案内パンフや営業パンフなどと情報は重複すると思いますがやはりホームページがあった方がより信頼度を
を上げてくれるのは間違いありません。昔に比べホームページの制作料金もだいぶ下がりましたので
やはりこれも用意しておいた方が無難です。

問合せ
問合せ
電話番号
page