フリーランスの起業するときの覚悟

個人事業主の覚悟


今、フリーランスとして働くことを選ぶ人が非常に増えています。以前は特定のスキルや知識などがある人だけが出来る職業と言う印象が強かったものの、ここ数年で「クラウドソーシング」と言った方法が広まったことなどを理由にフリーランスとして働きやすい環境が出来上がって来ています。

バーチャルオフィス住所のみ格安コース

フリーランスとして働くことで収入を大幅に増加させられる可能性があること、自由度の高い生活が出来ることなどの魅力がある一方、「覚悟」を持てるかどうかが結果を大きく左右します。

フリーランスに必要な「覚悟」とは

フリーランスとして働くと言うことは、企業が組織的に管理している仕事の流れを全て自分で管理・マネジメントしなければいけないと言うことです。すでにある程度の流れが確率されている環境である企業であっても、毎月厳しい経営目標が定められている訳ですが、個人であれば尚更です。

フリーランスの覚悟とは

仕事を探し出す、その仕事をこなす、クライアントを満足させる、報酬を得るという流れを繰り返していくだけと言っても、それ自体が決して簡単なことではありません。ある程度自信がある分野であれば、受注した仕事で満足させることは難しくないかも知れませんが、「仕事を獲得出来るかどうか」は全く分からない部分です。

立ち向かっていけるかがポイント

すでにコネクションが確立できている状況であれば良いですが、そうでない場合は営業をして仕事を獲得するまでが非常に高いハードルになります。そういった状況でもめげずに立ち向かっていけるかどうかがポイントで、つまりは「フリーランスとして働くためには折れない心(覚悟)が必要」と言えます。

生活レベルを極端に下げられるかどうか

個人で働き始めてすぐに仕事が貰えるようならば最高ですが、多くの場合はそうなりません。例えば飲食店を新規開店した場合、最初の数か月間は売り上げが確保できることが少なくありませんが、その期間でどれだけの信頼を勝ち取ることが出来たかによってその後が全く変わってしまいます。

いわゆる「オープン景気」の内に資金を溜め込み、その後に訪れる停滞期を凌げるだけの体力を確保できるかどうかが重要です。もしも景気が一気に悪化してしまったとしても、その状況にすぐに適応して生活レベルを下げられるかどうかによって成功するか失敗するかが決まります。

プライドを捨てられるかが鍵

オープン景気に類するものが無い場合、企業から数か月間は収入がない可能性もあり、その間に適切な生活レベルを維持できるかが重要です。「恥ずかしい、見栄を張りたい」と言ったプライドを捨て、自分が置かれている状況を客観的かつ正確に認識することが出来るかどうかが成功のカギと言えるでしょう。

個人事業主で生きていくにあたり必要な資質は結局は覚悟

私の知り合いでも個人事業主で働いて方が多数います。
決してビジネススキルが高いわけでもなく、営業スキルが高いわけでもありません。

どちらかというとリストラにあっあのでしかたなく個人事業主で独立したり、人間関係の煩わしさが嫌になり個人事業主開業された方もいました。でも何故かサラリーマン時代より稼いでいて、サラリーマンの時より幸せそうです。

正直この人が絶対個人事業でうまくいくはずがないと思っていた方でもなんとか食べる位は稼いでいます。逆にサラリーマン時代優秀な営業マンだったが個人事業主でやっても、全く成果が出ず、やむなくサラリーマンに逆戻りになったケースもあります。

いったい何が違うのかと思うと結局のところスキルより『覚悟』『腹の決め方』なのではないでしょうか、つくづくそう感じてしまいます。

個人事業主で働いている友人はスキルとか今一つですが、腹は決まっていて、サラリーマンという選択肢がありません。サラリーマンという選択枝が無いわけです。

個人事業主で生涯やっていくという覚悟ができているのです。当たり前といえば当たり前なのですがこの覚悟が一番重要なのだと思います。結局のところ精神論になってしまいますが、スキル以上にマインドが重要なんだなと感じてしまいます

関連情報

フリーランスのお薦めのバーチャルオフィスサービス

お気軽にお問い合わせください

メール24時間
0120833834
編集者

AUTHOR

オフィスナビ編集部

「バーチャルオフィスのオフィスナビ」のお役立ちコラムです。 バーチャルオフィス、起業、働き方のスタイルについて有益な情報を発信していきます。

フリーランスの起業するときの覚悟
無料通話
LINE友達申請
バーチャルオフィス住所のみ格安コース
問合せ
電話する