東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • バーチャルオフィス+転送電話セットでも月額3,334円東京都内最安値クラス

国民年金と厚生年金どちらがいいか

目次

    厚生年金は会社員や公務員が受け取れる年金で、国民年金はそれ以外の自営業の人などが受け取れるものです。なお、厚生年金は国民年金相当額を含んでいますので、一般的に国民年金よりは厚生年金の方が受給できる金額は大きくなります。そのため、国民年金は受給額が少ないこともあるため、国民年金保険料に上乗せをすることで、将来受けとることが出来る金額を増やすための手立てもいくつか存在します。付加年金保険料や国民年金基金の存在が該当するものです。

    月額1950円格安コースはこちら

    老齢年金受給時の受給額を増やすことも可能

    原則65歳以上が受けとれる老齢年金ですが、これは厚生年金加入者の方が一般的には多く受けとれます。そのため、若い間は会社員等で働くことで将来の受給額を増やすことを考えることも有効です。しかしながら、こうした受給額の差額は、自営業の人などが受けとることが出来る金額が少なくなり、将来の不安要素になってしまいます。そこで、付加年金保険料や基金などに加入をし、その保険料も支払うことで、受給額を増やす手段もとれるようになっています。自営業の人などで特に所得税や住民税額を大きく支払う人などの場合、これら基金等の保険料が社会保険料控除にもなっていることから、将来への不安解消とともに受給額の増額も出来るよう、制度が作られているものです。ただし、保険料の法定免除などを受けている場合などは加入できません。増額できる仕組みなども上手く使いながら、将来への不安払拭のために出来ることをするという選択肢があるものです。

    問合せ
    問合せ
    single