バーチャルオフィスを利用!Shopifyで海外向けネットショップを開業!

バーチャルオフィスとShopify

Shopify(ショッピファイ)とは

初心者がネットショップに挑戦するとなれば、まずはamazonや楽天でなどのモール型のネットショップ開業が無難なところです。何故ならネットショップ運営で最も難しいのが集客です。ネット集客はseo対策やリスティング広告など素人が行うには難易度の高いといえます。アマゾンや楽天なら集客を深く考えることなくある程度売れます。

しかしその分アマゾンや楽天などに支払う高額な手数料もも馬鹿になりません。またamazonや楽天で顧客を獲得しても、モール型ショップは顧客との直接のやりとりを禁止しているため、エンドユーザーとやりとりがとれなかったり、独自の販売戦略がとれないなど様々な問題があります。そのためモール型のショップモールで獲得した顧客は本当の意味での顧客でなく、
アマゾンや楽天の顧客と考えた方がいいかもしれません。

そのようなモール型ネットショップのデメリットがあるため、最近ではアマゾンや楽天といった大手モール型のネットショップから離脱して自社ECサイトのみで集客を行う動きが目立ちます。最近ではディズニー、ナイキ、ワークマンなどの企業が次々にモールから撤退しネットでの販売を自社ECサイト販売に転換しています。

そのようなモール型ネットショップの不満をよそに、逆にシェアを伸ばしているネットショップサービスもあります。それが「Shopify(ショッピファイ)」です。「Shopify(ショッピファイ)」はアマゾンや楽天のモール型「Shopify(ショッピファイ)」とは違い、ショップカートや決済、ネットショップシステムツールを提供するクラウドサービスで
国産の「メイクショップ」「カラーミー」などと同じになります。しかし越境ECもでき機能性に優れているため
創業からわずか10数年でECサイトの世界No.1シェア数を誇るサービスになりました。2017年に日本法人が設立され、2020年には前年比200%以上の新規出店数の伸び率を達成しています。

Shopify(ショッピファイ)が選ばれる理由

日本国内のネットショップカート業界は競争過多で現在成熟期を迎えていますが、それにも関わらず、後発のShopify(ショッピファイ)がシェアを拡大しているのは、いくつかの理由があります。その理由について説明いたします。

1海外展開にチャレンジしやすい

「ネットショップの最大の利点は場所に関係なく、ネット通じて誰にでも商品を販売できることです。
それは国内のみならず海外でも例外ありません。

「Shopify(ショッピファイ)」が国産の他社ショップカートと比べて最も差別化できる点は、越境ECのための機能が充実しているので海外にむけて商品販売しやすいと言えます。

世界を相手にすれば市場は無限大です。日本製品は信頼度は海外で高く興味のある外国人は多いのも事実で、国内市場が縮小する中、海外市場に活路を生かすチャンスはあります。競合他社を進出してしていない、海外市場はブルーオーシャンで一人勝ちできる可能性も多いにあるといえます。

しかし問題もります。越境ECを実現するには言語、流通、通貨、関税など様々な壁があります。海外で物を販売するには英語や中国語など多国語対応、海外の通貨、関税の計算など煩雑な手続きが必要なのです。そのためたいていの人がそこで諦めてしまいます。

しかしShopifyを利用すればそのような問題も、解決でき越境ECにチャレンジできます。Shopifyは、50の言語と130ヶ国以上の通貨に対応しています。言語に関してはAIで翻訳機能の精度があがり、アプリを使って別の言語に自動で翻訳することも可能です。また通貨に関しては自動でレートを変換できるようになっています。海外配送に関しては、送料の設定、関税や税金の計算、送り状やインボイスの作成などのこうした業務が簡単にできるようになります。

2データ管理しやすい

ネットショップで売上げを上げ、成長させるには、売上のデータを管理しその時々のタイミング、適切な施策を打つことです。売れ筋と死に筋商品を見極めはもちろん、毎月どれくらいの利益が出ているか最近のトレンドなどを把握し、運営しなければならなりません。ひとつひとつのデータを分析し、効率的で売上が上がるネットショップ運営をしていく必要性があります。Shopify(ショッピファイ)の2つ目の特徴はそれらデータ管理がしやすい点です。ECサイトのアクセス状況やお行動履歴、販売在庫状況、顧客情報などのデータが一元管理でき売上や在庫状況を簡単に把握できます。また実店舗でも同じ商品を販売していれば、専用の POSアプリを使へば実店舗のデータとも連携して一元管理できるので管理業務が効率化されます。データを診ながら適切な仕入れ発注もできるので機会損失を失わず販売戦略や施策を立てやすいことが特徴です。

以下が管理機能の一例です。

製品分析
誰がどのような商品を購入したか・どのようにしてECストアを見つけたか・各商品の売り上げ状況などが分かります。
集客レポート
集客レポートを使えば、ネットユーザーの参照元やによるセッションを把握することが可能です。
在庫レポート
1日に販売された商品の数量と割合を把握できます。
行動レポート
行動レポートを使えば、ユーザーの行動を分析することができます。
ユーザーの行動から、ECストアで取り扱う商品を見直し、売上の向上を目指すことが大切です。
販売レポート
販売レポートを使えば、時間の経過・商品別などの基準に基づき、ユーザーの注文に関する情報を把握することが可能です。

他にもたくさんのレポート機能がありますが、ここまで充実した分析機能の持つECサイトは珍しいのではないでしょうか? またgoogleアナリティクスなどを使えば、アクセス数ネットユーザーの集客や顧客行動などは把握できますが、商品の売れ行きや在庫などと連動できません。

3豊富なデザインテンプレートとカスタマイズ可能

ネットショップは売上を上げるのが目的なので、サイトのデザインについてはそれほど執着する必要性はないと思われがちです。しかしブランディングを図るためにコーポレイトサイトとECサイトをデザインやテイストを統一化させる必要性があります。ECサイトとコーポレイトサイトのデザインがあまりにもかけ離れたサイトだと、ブランドイメージ醸成が図れません。そのため、ECサイトのデザイン構築については柔軟性がある方が良く、カスタマイズできるの方が無難です。Shopify(ショッピファイ)では100種類以上のテンプレートからデザインの選択が可能です。またテンプレートから細かなカスタマイズも可能なので、好みに近いECサイトにすることが可能です。当然レスポンシブ対応もしており実際にスマートフォンやPCから閲覧した際のビジュアルを確認しながら構築できるデモサイトが用意されています。

ショップファイでバーチャルオフィスは利用できるか?

ショップファイはアマゾンや楽天などのモール型ECではありません。ショップカートやシステムを月額でレンタルするような利用形態です。国産のカートショップで言えばカラーミーやメイクショップなどと同じような位置づけになります。またアマゾンや楽天などでも「バーチャルオフィス」は利用できるのでショップファイが利用できないということは無いと考えられますが、一応確認のため問合せしてみました。

下記のような回答が返ってきました。

返信メール

弊社のご利用をご検討いただき誠にありがとうございます。
Shopify を利用するにあたり、特定商取引法に基づく表記の住所に自宅住所でなくバーチャルオフィスの住所を利用することは可能でしょうか?

バーチャルオフィスの住所を「特定商取引法に基づく表記」にご利用できるか確認されたいとのことですね。
こちらについては特定商取引法に従いご記載いただく必要がありますが、Shopifyより法的な知見を必要とするアドバイスをすることはできかねてしまいます。ご不明な点については関係当局との直接のご確認をお願いしております。なお、弊社のブログで特集がございますのでお役に立つのではないかと思います。

業種によっても要件が異なるようですので、専門家の方とのご確認をお願いいたします。
•バーチャルオフィスを活用して起業する場合の費用・メリット・注意点について徹底解説
明確な回答を差し上げることができないのですが、是非ご利用をご検討いただけますと幸いです。
なお、Shopifyのご利用については実際にお試しいただく方がわかりやすいかと思いますので、14日間の無料トライアルをご利用ください。

初めてのオンラインストア構築は設定や運営などで戸惑うことも多くあるかと思いますので、ストア開設用のチェックリストとご注意いただきたい点についてをまとめた資料をご用意しております。

結論からいうと関係当局に確認してほしいとのことでした。こちら特定商取引法表示とバーチャルオフィスの住所表記を参照し記載すれば恐らく問題ないかと思われます。

お気軽にお問い合わせください

0120-833-834

受付時間9:00~17:00(平日)※土日祝日は定休

バーチャルオフィスを利用!Shopifyで海外向けネットショップを開業!
LINE友達申請
バーチャルオフィス住所のみ格安コース
問合せ
電話する