バーチャルオフィスで楽天、amazonなどのネットショップ

アマゾン(amazon)楽天、などのネット通販やネットショップ運営する個人事業運営支援のためのバーチャルオフィス住所貸しです。月額1,950円の格安料金でサービスを提供。また専門のオペレーターが電話を受ける電話代行も承ります

バーチャルオフィスネットショップ

ネットショップに便利なバーチャルオフィス

楽天やアマゾン(Amazon)、ヤフオクなどでネットショップやせどり・転売事業を行っている方!バーチャルオフィスをおすすめします

理由は

こんな方におすすめします

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは何か?

バーチャルオフィスとは『バーチャルオフィス』と言う言葉自体、ここ最近の言葉なので聞きなれない方も多いと思います。バーチャルオフィスとは直訳すると『仮想オフィス』で、要は「住所貸し」や「私設私書箱」のようなものです。厳密にいうと私設私書箱との線引きや区別はありません。郵便受け取り、保管機能、郵便転送などの基本サービスにおいては、私書箱とバーチャルオフィスのサービス内容はそれ程変わらないのです。しかしバーチャルオフィスは起業向けに創られているため、サービスにおいて従来の私設私書箱には無い、貸し会議室、電話秘書サービスなどのビジネス代行サービスが充実しています。 バーチャルオフィスのオフィスナビでは郵便物転送や受け取り保管の私書箱サービス、法人登記ができればいいというお客様のために、たいへん格安なバーチャルオフィス(住所貸し)コースを設けました。場所は東京の池袋と大塚の2つの住所です。2つの住所とも法人登記ができて、1年契約で借りれば月々1,950円なので激安価格でご利用いただけます。利用される用途は原則ビジネス目的になりますが、個人事業主やフリーランスの方も多く利用されています。最近では楽天やアマゾンのネットショップの運営、メルカリ、ヤフオクのオークションビジネスが目的で利用される方も多くいます。

3つのメリット

プライバシーの保護!特定商取引法に基づく表記に使用も可能

プライバシー個人でネットショッ立ち上げる場合、自宅をオフィスにしてしまう場合がほとんどかと思いますがその際自宅の住所や電話番号をネットショップに記載しなければなりません。楽天やamazon等のショップモールに、出店する場合、も同様で出品者の名前や住所の公開は義務づけられています。また法的にもネットショップには特定商取引の表示ということで、ショップ運営者の住所や電話番号などの連絡先を表記することが義務づけられています。そこで悩むのが自宅の住所をネットショップに記載するかということです。自宅住所をネット上に公開すると不特定多数の人に晒される結果になります。ビジネスのトラブルも考えるとあまりおすすめではありません。そこでおすすめするのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスを利用すれば「特定商取引法に基づく表記」「会社概要」の覧にバーチャルオフィスの住所や電話番号を掲載することが可能なので、あなたのプライバシーを完全に守ることができます。
特定商取引法に基づく表記にバーチャルオフィスの住所を表記することが可能です。詳細はこちらを読んでください

東京の住所と03番号で信頼度もアップ

信頼
例えば高額の商品を初めてのお店で購入する時、単に商品の機能だけでなく、製造元や製造している会社などしっかりと調べてから判断するという人も少なくないはずです。ネットショップの場合も同じで新規ユーザーが初めて商品購入しようと思う時、商品の金額や機能だけでなく、ユーザーはそのネットショップが信頼できるか会社か、様々な方法で調べる傾向にあります。特に会社概要や特定商取引法に基づく表記掲載されている住所や電話番号も確認するでしょう。最近ではGooglemapなどでのネット検索で住所を入力すれば、その場所がどのような場所なのか写真付きで表示されます。そのため自宅の住所より、東京のビジネス街にある住所の方が会社として信頼度もアップし、購入に繋がる可能性も高いはずです

03番号でさらに信頼アップ

電話機住所貸しとセットでおすすめしたいのが03番号(転送電話か電話代行)の表記です。ネット通販での売り上げは、電話番号があるのと無いのでは大きく売り上げが異なります。固定電話番号のネットショップ記載はユーザーに安心感を与え、購入を後押しします。逆に問合わせはメールのみで、電話番号の無いネットショップはユーザーへ不審感を与え、自ら機会損失をしているといわざるえません。最近では携帯電話もより身近になり、携帯電話を載せておくのも良いですが、やはり03固定電話番号の方がベストです。

格安な利用料金
安い

通常の賃貸オフィス、レンタルオフィスやシェアオフィスを借りるよりバーチャルオフィスなら、格安な料金で住所を利用できます。弊社バーチャルオフィスの場合月額2100円(1年間利用)の金額で東京のネットショップ住所を借りることができるのです。

電話代行で機会損失をなくせる
電話

ネットショップを開設する際重要なのが電話番号の表記です。電話番号の記載によりユーザーに安心感を与えるため、ネット通販での売り上げもあるのと無いのでは大きく売り上げが異なります。もちろんただ表記しているだけではだめです。ユーザーが商品の問い合わせをした留守番電話や電話に出なかった場合イメージを悪くしてしまう結果に繋がります。特に問題なのが副業でやられている方です。本業で会社員として働いている時間はそういった電話の対応は難しいのではないのでしょうか?そこでおすすめなのが電話秘書代行です。忙しいあなたに代わって専門の秘書が電話の受け答えをしてくれるのでネットショップを副業で行う方にとって利便性の高いサービスです。

下記がサービス一覧です。

バーチャルオフィス住所貸しサービス

 

格安バーチャルオフィスコース

格安バーチャルオフィスコース

アマゾン(amazon)や楽天などのネットショップ用住所だけ借りたいという方にお勧めのコース。法人登記も可能です。郵便物の転送も週1回あります。月額1950円(年一括)で借りることができるので、お気軽に始めることができます

バーチャルオフィス転送電話コース

バーチャルオフィス転送電話コース

アマゾン(amazon)や楽天などのネットショップ用住所貸しと03番号(転送電話)をお貸しするコースです。転送電話には24時間365日指定の携帯電話などに転送されますので自分で電話の受け答えができる方にはおすすめのコースです。

バーチャルオフィス電話代行コース

バーチャルオフィス電話代行コース

アマゾン(amazon)や楽天などのネットショップ用住所貸しと電話代行がパックになったコースです。お客様の電話問い合わせは専用のオペレーターが受けるので、特に個人でネットショップをやられたり、副業でネットショップををしているお客様にはおすすめのコースです。オプションサービスとして電話代行のカスタマイズが
あるので、商品の問い合わせ対応や注文対応も可能です。

問合せ
問合せ
電話番号
page