バーチャルオフィスを比較(当社と東京の他社)

オフィスナビVS他社のバーチャルオフィス(東京都内)料金やサービス内容などから比較してみます

バーチャルオフィスを他社と比較(東京)

他社と比較してみました

 

どの視点で選びますか?

住所のステータス・イメージ・料金・金額・拠点・場所で選ぶべきか、それとも会議室や法人登記、電話代行等のサービス内容で選ぶべきか?東京のバーチャルオフィスには様々な特色のサービスを持つ会社が多いので、選択に迷う方も多数いらっしゃると思います。
そこで他社(東京のバーチャルオフィスが中心)との比較を下記表にまとめてみました。

バーチャルオフィスは料金が安いのでわりと簡単に決めてしまいがちですが、住所登記や電話番号も絡んでくるので、一度決めてしまうと、変更が面倒になります。そのためよく比較検討しないで、イメージや「何となく」で決めてしまい、後悔しないためにも、様々な視点でバーチャルオフィスを比較し検討してみてください。選び方については下記の記事が参考になります。
バーチャルオフィスの選び方や注意点の詳細について

image

手前味噌で恐縮ですが弊社と他社バーチャルオフィス(東京都内)とで比較してみます。まず場所は東京都豊島区の大塚です。一等地住所の銀座新宿青山渋谷と比較してしまうと多少見劣りするかもしれませんが、その分価格をグッと下げて、サービスの内容を良くしました。住所のステータス感を求めている方には弊社サービスは合わないかもしれません。しかしできるだけランニングコストは抑えたいと思っている方は必ずお力になることができます。

例えば東京都内では通常電話代行だけでも月額1万円くらいかかりますので。住所と電話代行のセットの場合、通常のでは月額1万2000~3000円が相場です。しかし弊社では月額7500円。他社の半額程度の料金で用意させて頂いております。また入会金も安めの設定をしてできるかぎりスタートアップの負担を少なくしております。是非下記の比較表をご確認下さいませ。

月額料金で比較する

他社の場合

エリアにより料金は異なりますが、東京都内の料金相場は月額4000円~5000円位(月額4000円代の価格帯が一番多い)です。レンタルオフィス等、高級志向の場合は住所の利用だけでも1万円~5000円かかるところも少なくありません。また中には月額料金の他に年間管理費用は会費ということで、1年更新ごとに費用が発生する場合がございます。その点も比較のポイントになります

他社の場合

月額4000円前後が多い

オフィスナビの場合

弊社オフィスナビの場合は住所だけ借りる場合で考えた場合、1ヶ月コース、3ヶ月前払いコース、1年前払いコースと別れていて利用期間に応じて割引が効きます。もし1年前払いコースを選択した場合だと月額1950円の計算になり非常にお得です。月額2000円を切るバーチャルオフィスは都内でもそれほどありません。オフィスナビは他社と比較してもかなり格安ご理解いただけます。

オフィスナビの場合

月額1950円~(1年)

入会金で比較する

他社の場合

入会金は月額料金の2ヶ月分というのが東京都内バーチャルオフィスの相場です。
おそよそ月額料金1万円前後が多いです。入会金は最初しかかからないですが安いに越したことはありません。

他社の場合

入会金は1万円前後が多い、その他保証金がある場合がある。

オフィスナビ(当社)の場合

入会金は2カ月分というところが多い中、オフィスナビの場合入会金は6000円~です。他社と比較しても格段にお安くなっております。

オフィスナビ(当社)の場合

入会金は6000円~

住所で比較する

他社の場合

東京都内で限定すると住所は銀座、新宿、渋谷など都心の住所が多いです。 他六本木や東京駅、日本橋なども多数あります。

他社の場合

銀座、新宿、渋谷、六本木、青山、日本橋その他

オフィスナビ(当社)の場合

オフィスナビの場合は大塚、池袋にあります。住所のステータス感は多少落ちますが、その分サービスを充実させ格安にご提供しています。

オフィスナビ(当社)の場合

住所は大塚と池袋

郵便物転送で比較する

他社の場合

これも各社の考え方によりサービス内容が非常に異なり比較するポイントになります。標準で郵便転送サービスが無く、郵便転送がオプションだったり、
安い利用料金のところは月2回程度の郵便転送しかしない場合もございます。また、郵便物を転送する度に転送の手数料をとるところもございます。
また郵便物が届いても郵送はするが、送りっぱなしで届いたことを連絡しないバーチャルオフィスもあります。

他社の場合

月1~4回、郵便転送や連絡がオプションサービスだったり手数料がかかる場合がある

オフィスナビ(当社)の場合

郵便転送サービスを比較するとオフィスナビの場合、各コース原則郵便転送が月4回オプション無しで標準サービスで付いております。また郵便転送の郵送料の実費のみで特に手数料はいただきません。また単に郵便物をまとめて転送するだけでなく、郵便物がバーチャルオフィスの住所に届いたらその都度お客様にメールで報告致します。他社がオプションのサービスもオフィスナビなら標準です。

オフィスナビ(当社)の場合

標準サービスとしてどのコースを選んでも月4回郵便転送し郵便が届いたら即連絡。

契約期間の比較

他社の場合

他社の場合契約期間が3ヶ月から1年と契約期間に縛りを設けているところが多いです。
特に月額利用料金が安いところは期間の縛りが長い傾向にがあります。

他社の場合

バーチャルオフィスを提供する会社の中には半年や1年など期間の縛りがある。

オフィスナビ(当社)の場合

オフィスナビの場合他社と比較すると契約期間は最低1ヶ月からOKですので使いやすと評判です。

オフィスナビ(当社)の場合

最低契約期間1ヶ月から可能

固定電話番号貸し(電話転送)の料金の比較

他社の場合

住所とセットの電話番号を使うとより一層の信頼度を得るためオプションで固定電話番号(転送電話)のサービスがあります。こちらのオプションは7割くらいのバーチャルオフィスがサービスを提供していますが、住所と電話転送セットでおよそ
月額料金8000円~1万円台が平均相場になっています。

他社の場合

「住所利用+電話」のセットで月額8000円~1万2000円。

オフィスナビ(当社)の場合

オフィスナビの場合他社と比較すると「住所利用+電話」のセットで月額6,482円(税別)
と他社と比較して1000円~2000円お安くなっています。通話音質も良好で転送電話だと気づかれることは
ありません。

オフィスナビ(当社)の場合

「バーチャルオフィス+電話」のセットで月額6,482円(税別)

電話代行の料金で比較

他社の場合

電話代行サービスを提供しているバーチャルオフィスも多いのですが、たていていは外注を使ってのサービスのため
特に電話代行セットの場合料金がかなり高くなる傾向にあります。料金の相場として住所と電話代行セットで1万円を超すところが多く割高になります。

他社の場合

月額1万円~2万円

オフィスナビ(当社)の場合

オフィスナビは他社と違い、外注を使わない自社独自の電話代行サービスを提供しています。
そのため料金も格安に提供でき、東京都内最安値クラス住所と電話代行セットで月額7,871円と非常に格安な金額でご提供が可能です。

オフィスナビ(当社)の場合

住所利用+電話代行のセットで月額7,871円

初期費用+1年間の利用料金

住所と郵便物のバーチャルオフィスサービスを対象にオフィスナビと他社を、1年間利用してみるという前提で比較してみました。
是非比べてみてください!

初期 年間利用料金(割引含む) 1年の総トータルコスト
当社 6,000円 25,200円 31,200円
A社 9,800円 52,800円 62,600円
B社 2,500円 38,280円 43,280円
C社 5,250円 63,000円 73,500円
D社 9,800円 55,000円 64,800円
E社 8,400円 34,020円 42,420円


圧倒的に安いオフィスナビ

image

東京都内エリアのバーチャルオフィス情報比較

ご参考までに東京都内人気エリアの各バーチャルオフィスの料金やサービス内容等を、皆様が比較検討しやすいようにまとめました。
是非ご覧くださいませ。

page-use