ネットショップ開業サービス「STORES.jp」はバーチャルオフィス利用可能か?

初心者向けにお薦めできるネットショップを開業サービスとして、以前BASE(ベイス)を紹介しましたが似ているネットショップサービスとして「STORES.jp」というサービスがあります。こちらも月額固定費0円、決済手数料のみの従量制で始めることができます。ランニングコストがかからないのが魅力です。後半には本サイトのテーマである、「STORES.jp」がバーチャルオフィス利用についても述べましたので、最後まで目をお通しください。

storesとは

ネットショップ構築に必要となる機能が一通りそろっています。
STORESの機能については、後程より詳しく解説したいと思いますが、ストアデザインなども予め用意されているテーマのなかから、自分の好みのデザインのテーマを選択するだけでデザインの変更が可能です。ネットショップ運営の機能が充実しているだけでなく、簡単に操作、設定できるのもSTORESのメリットと言えます。決済方法が豊富に用意されている

storesを使うメリット

月額固定が無料

ネットショップを開設したら直ぐにバカ売れするということはまずありえません。最初は売れない場合も想定しなければいけません、そのために必要なのは固定費を削減して節約することです。通常のネットショッピングを開設する場合、ショッピングカート利用料+カード決済手数が発生しますショップカート利用料は売れる売れないに関わらず発生するので、全く売れなかった場合負担が大きくなります。しかしstoresなら、月額0円プランもあるから安心です。

決済手数料の安さ

月額固定費が無料なためSTORESでは決済手数料金が発生しますが、決済手数料5%です。同じようなプランがある「BASE」手数料は6.6%+40円。「BASE」に比べても安いといえます。

インスタグラムの連携

インスタグラム、facebook、twitterなど最近ではsnsの利用が増える中、ネットショップを集客においてSNS集客が欠かせない時代に突入しました。中でもインスタグラムはネットショップとの相性が良く、日本におけるアクティブユーザーは3300万人程度で、人口比30%弱のシェアと締めているのでこの市場を見逃すわけにはいきません。また最近はInstagramでの集客をメインとするネットショップも多数存在します。STORES ならInstagramとの販売連携が簡単にできます。
Instagramと販売連携すると、ショッピング機能使用可能になり、webユーザーははInstagramの画像から3タップで商品の詳細ページまで飛ぶことができます。

多彩な決済方法

ネットショップで最大限に売るには、できるだけ多くの決済手段が必要です。昨今は現金よりクレジットカード決済が当たり前になってきていますが、中には銀行振り込みを利用したい方もいます。またポイント率が高いということで、クレジットカードより、paypayなどのような電子マネーで支払いたいというユーザーもいるかもしれません。そのためできるだけ決済手段が多く用意しておくことが必要です。STORES なら下記のように様々な決済方法が可能です。

  • クレジットカード(VISA / MasterCard / JCB / AmericanExpress / Dinersカード)
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • Paidy翌月後払い
  • PayPal
  • キャリア決済(ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い)
  • 楽天ペイ
  • 代金引換
  • AmazonPay

商品登録数も無制限です!

実はネットショップカートシステムで、月額0円コース自体はそれほど珍しくありません。多くのショッピングカートASPでは集客のために初期費用0円コースを設けています。しかしたいてい機能が大幅に制限されています。特に商品登録には画像などの登録もあり、サーバーの容量を食うため、商品登録数に制限をかけているところがほとんどです。しかしSTORESなら月額0円フリーコースでも商品登録数が無制限。ネットショップは扱うアイテム数が多ければ売れる可能性も高くなる可能性
くなるので、商品登録数無制限は魅力的です。

「物」以外のサービスにも対応

STORESでは「物」以外でも画像や動画など、デジタルデータの販売も可能です。クリエイターが自作漫画や小説、動画、画像、自作プログラムなど様々なデジタルデータを販売できます。

電子チケットの販売も可能

STORESではライブ、演劇、習い事、セミナー、パーティなどあらゆるサービスにも電子チケットのネット販売できます。電子チケットは好きな画像を組み合わせデザインできます。購入者は紙のチケット発券は不要でスマホで購入した電子チケットにもで入場できるような仕組みです。またどれくらい入場しているか、電子チケットの利用数や利用率を確認できる機能も利用できるので利用者数の把握に役立ちます。

ネットショップ運営で必要な全ての機能が無料

STORES ではネットショップ運営で集客、顧客管理など様々機能が無料で利用できます。下記に紹介するのその一部で、ネットショップ運営に欠かせないものです

ニュース配信
お知らせの掲載ができます。ブログ感覚で画像つきの記事作成も可能です。
メールマガジン
登録者に対してメールマガジンを送ることができます。メールマガジンは顧客の囲い込み、リピート率に最適です。
再入荷リクエスト
希望者にアイテムの再入荷お知らせメールを配信できます。
定期販売
1ヶ月毎などのサイクルで、定期販売ができます。消耗品や食品などに便利です。
まとめ割引
複数アイテムの同時購入で、割引額を設定できます。
販売期間設定
タイムセールや予約販売に便利な販売期間を設定できます。
再入荷通知
販売の機会損失を防ぎます。
FAQ作成
お客さまの疑問に答えることで、購入を後押しします。
ギフト設定
お客さまが届けたい相手に直接プレゼントなどを配送出来ます。
「ネットショップでプレゼントを買いたい!」というお客さまは多く、ギフト設定は特に便利な機能です。

48種類のテンプレートでカスタム無限大

ネットショップで商品を売る場合、アパレル、食品雑貨など多岐にわたります。その業種や商品の種類に応じてネットショップのデザインも非常に重要になってきます必要です。例えば、高価なブランドバックをネットショップにおいて販売する場合、ネットショップのデザインも洗練されたデザインで格調高いものにしなければ、WEBユーザーに高級感を伝えることができません。そのためSTORESではどのような商品や業種にも対応できるようにデザインテンプレート48種を用意。全て無料で利用できます。また、動画・バナー・ランキング・ニュースなどのパーツの配置が自由自在でカスタム数は無限です!

倉庫サービスもあり

ネットショップ運営していく際に誰もがぶつかる課題に商品保管のスペースと発送業務が挙げられます。商品が売れないうちは、自宅に保管しておいて十分な場合もありますが、売上が上がり始めると在庫を確保する必要性がでてくるので自宅では不十分で、商品を保管しておく倉庫を借りる必要性が発生します。また売上上がることに比例して、商品発送も大変な作業になります。副業で始めたつもりが、副業の範疇を超えてしまう可能性があります。そんな時に利用したいのが「STORESの倉庫サービス」です。保管・梱包・発送業務を、¥21~で全て代行するサービスです。ネットショップ利用料とは別に費用が発生しますが、保管から発送まですべて、物流代行業者が行い出荷指示も簡単。管理画面のダッシュボードから出庫依頼をするだけで、代行業者が購入者へ商品も発送するのでネットショップ運営が非常に楽になります。

「STORES.jp」はバーチャルオフィス利用可能か?

ネットショップの開設には特定商取引法表示が義務付けされておりネットショップの運営者は住所・所在地などを記載しなければなりません。自宅の住所を明かしたく無い方もいもいて、バーチャルオフィスを利用されたい方も多数いると思いますので
「STORES.jp」に直接 住所貸しやバーチャルオフィスの記載は可能かと問い合わせしてみました。

以下返信の内容になります。

結論から申し上げますと、「STORES.jp」でバーチャルオフィスの利用は可能だそうです。ただクレジットカード決済利用審査に影響が出る可能性があるため、積極的にお薦めしておりませんとのことでした。

お気軽にお問い合わせください

0120-833-834

受付時間9:00~17:00(平日)※土日祝日は定休