バーチャルオフィスユーザにおすすめのyahooショッピング

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,955円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • バーチャルオフィス+転送電話セットでも月額3,334円東京都内最安値クラス

無料で始められる バーチャルオフィスユーザーにお薦めのyahooショッピング

女性が㍶操作している

個人事業主の方で、ネットショップを始められる方は多いです。パソコン1台で気軽に始めることが出来て、商品などもネットで仕入れることができますので、初心者の方には敷居が低いジャンルです。

しかし、注意したいこととしては集客が難しいということです。個人でネットショップを立てて、SEO対策や広告などを行わなければ集客は難しいといえます。広告を打ったりすることに対しても費用が掛かります。

色々な決済それに合して決済手段に対しても数ある中から考えなければいけません。ネットの世界で最も多いクレジットカード決済にする方が多いのですが、それには月額の固定費が必要です。

「集客が難しく、固定費がかかる」「決済手段に固定費がかかる」という2点がこれからネットショップを始める方にとっては敷居が高い部分です。
それらの悩みをクリアしたのが、YAHOOショッピングです。
yahooショッピングでネットショップ運用にありがちな月の固定費用0円で手軽にネットショップ運営を始めることができます。

ここではこれからネットショップを始める方にお勧めのYAHOOショッピングについてご紹介していきます。

YAHOOショッピング概要

ショップカートYAHOOショッピングは日本で最も大きなオンライショッピングモールです。月に4000万人のアクティブユーザー数であり、その数は日本最大級です。これは日本人の3人に1一人が利用しているという計算であり、ネットショップの悩みの種である集客に関していうと非常に優れているショッピングモールであるといえます。

また、YAHOOショッピングの流通はYAHOOショッピングと関連会社のロハコの売り上げを合すと4787億円にも達します。またヤフーが行っている「ヤフオク」「ヤフートラベル」「アスクル」などを合わせると2.3兆円にもなります。

初期費用や固定、さらに売上ロイヤリティも無料ですので、他と比べると圧倒的に費用は安いといえます。(Tポイント原資、アフェリエイトパートナー原資など別途必要)また外部リンクなども自由に設置することができますので、YAHOOショッピングで人を集めて、ご自身が運営しているメインのサイトに誘導することも可能なのです。

YAHOOショッピング開設と楽天やアマゾン開設の違い

YAHOOショッピングが優れていることをご紹介しましたが、他のサイトではどのような料金体制になっているのでしょうか?ここでは日本でも最大級の規模、知名度を持っているAmazon、楽天を見ていきましょう。

Amazonについて

Amazonでは大口出品と小口出品に分かれています。事業として始めるのであれば大口出品となりますので、ここでは大口出品についてご紹介していきます。

大口出品については、月額の固定費は4900円、販売手数料としては売上の8%~15%が必要となります。例えば100万円の商品を販売すると4900円+8万円~15万円の費用をアマゾンに支払う必要があります。

しかし、アマゾンは集客力としては非常に優れており、月間約5億人が訪れるマンモスサイトです。既に他の事業である程度売り上げがあり、月額費用と販売手数料が気にならない方はアマゾンに出店しても良いでしょう。

楽天について

YAHOOショッピングのライバルとして真っ先に挙げられるのは楽天です。客層も若い方が多いですし、ヤフーの流通総額と楽天市場の規模は非常に近いものがあるからです。

YAHOOショッピングと楽天の大きな違いは月額固定費関係です。楽天の場合初期コストとして60000円、月額利用料は19500円かかります。これはネットショップを始める方にとっては非常に敷居の高いものとなります。また、売り上げに対してのロイヤリティーや、システム利用料、クレジットカード決済などが必要となります。

yahooショッピング開設のメリット

メリットYAHOOショッピングでは具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

審査テストがあり初心者にはおすすめ

YAHOOショッピングに出店する為には審査があり、一定の条件をクリアしないと審査をクリアすることが出来ません。後述しますが、この審査をクリアするためには、様々な書類を揃えたり、書類を整えるために行うことがあります。
初心者の方であれば、条件を揃えるための勉強が出来ます。出店前に審査があるからこそ、ネットショップを行うための知識を得ることが出来るのです。

Tポイントを使う、溜めるが出来る

ポイントカードTポイントはネットだけではなく、コンビニやスーパーなどでも付与されるようになり、様々な場所でTポイントを得る機会ができました。YAHOOショッピングではTポイントを使用することが出来ます。
知らない内に溜まっていたということが多いTポイントですので、顧客としては気軽に買い物をすることが出来るのです。また、YAHOOショッピングではTポイントを溜めることもできますので、Tポイントがネットショップでの成功の要因になる可能性は十分に考えられます。

ヤフージャパンからの訪問が期待できる

ヤフージャパンで検索した(グーグルも含む)商品が検索結果ページ上部に表示されることがあります。そしてそこからショップにアクセスをしてもらって販売機会が増えていきます。
ヤフージャパンやグーグルの利用者数は驚くほど多いですので、その利用者からの訪問が期待できるとなると非常に大きなメリットになるといえます。

月の固定費用0円で費用が安い

0円費用面を考えるとYAHOOショッピングは非常にお手軽です。最初にお伝えしましたが、固定費がかからないというのは非常に大きなメリットであり、個人事業主の方で最初に活用するネットショップとしてYAHOOショッピングはおすすめです。
YAHOOショッピングでかかる費用としては
①クレジットカード決済手数料…3%~
②アフェリエイト…1.3%
③購入者へのポイント付与原資…2.5%
合計6.8%の手数料で済みます。しかもこれは売れた分から引かれる形となりますので、実質的な持ち出し金は0円です。

yahooショッピング開設のデメリット

デメリットYAHOOショッピングはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。デメリットを理解して対策を取るようにしましょう。どのようなデメリットがあるのでしょうか?

出店が多く、競争になる

競争YAHOOショッピングは出店無料にしだしてから非常に多くの出店希望者がでました。多すぎるため審査制度を設けたほどです。競合店が多いということを理解しておきませんと、競合店に負けてしまうこともあります。しっかりと対策をしておかなければいけません。

売れるまでの準備が大変

成功YAHOOショッピングは競合店が多いですので、WEBデザインや商品紹介のライティングなど様々な作業をしていかなければいけません。手間や時間が非常に多くかかるということです。
慣れている方でれあればすぐに完成しますが、慣れていない方にとっては時間がかかってしまいます。しかし、一度軌道に乗ってしまえば、流動的に販売できますのである意味最初の労力がかかるということを覚えておきましょう。

ショッピングモール内で目立つために広告が必要になることも

資金が潤沢が企業はショッピングモール内で自身のページを目立たせるために、広告費用を支払っています。もし費用に余裕があるのであれば、広告を打ちだしても良いのですが、せっかく無料で利用できているからこそ勿体ない気もします。
広告は一時的な効果は確かになります。しかし、インスタやツイッターなどのSNS、youtubeなどの動画サイトで宣伝を行い、地道に顧客を付けた方が長い目で見ると売上げ貢献できます。

グーグルでの上位表示は難しい

グーグル検索で自身の商品が表示されることがありますが、そのハードルは高いといえます。人気のある商品ですと、他の出品者も多く出していますので、しっかりとSEO対策をする必要があります。

また、ショッピングモールに出店している商品はなかなか上位表示されない傾向にありますので、一部の出展者は検索表示を諦めて、自身のサイトやSNSを活用している方もいます。

yahooショッピング開設の際に必要な書類審査

YAHOOショッピングで出店しようと思いますと書類審査を受けなければいけません。書類審査はどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、個人と法人に分けて説明していきます。

個人事業主として出店する場合

個人事業主の場合は、開業届の写しと、住民税の納税証明書の写し(直近2年以内のもの)が必要となります。開業をしておかなければいけませんので、サラリーマンの副業の場合はハードルが高いかもしれません。

法人の場合

株式会社などの法人の場合は個人事業主よりも多くの書類を出す必要があります。
ヤフージャパンのIDやクレジットカード情報、代表者の連絡先や生年月日、法人名の口座(代表者名の口座でも可)が必要となります。

YAHOOショップ開業のための住所にはバーチャルオフィス住所貸しがおすすめ

YAHOOショップストアのページに会社概要を書かなければいけなくショップ運営をしていく為には必須となります。会社概要には住所や電話番号を書く必要があります。事務所などを借りており、露出しても問題の無い住所や電話番号などであれば良いのですが、個人事業主で事務所を借りている方は少ないです。
もし個人の住所を開示してしまうと、クレーマーが乗り込んできたり、嫌がらせを受けたりなどのリスクが考えられます。
そういったリスクを抱えながら運営をしていくことは、精神的に良くありません。対策方法としてはバーチャルオフィスの利用がお勧め
です。

バーチャルオフィスがおすすめの理由

コストカットバーチャルオフィスが低額で、住所と電話番号を借りれるサービスです。通常事務所を持つとなると、敷金や礼金などの初期費用、家財道具を揃えたりなども必要です。また、家賃などで数万円~数十万円毎月かかります。しかし、バーチャルオフィスの場合は事務所を借りる10分の1以下、もしくはそれ以下で住所と電話番号を利用できます。
YAHOOショップに直接確認をすると自宅住所ではなく、バーチャルオフィスでも問題ないとのことでした。

オフィスナビがおすすめの理由

バーチャルオフィスであればオフィスナビが最もお勧めです。
初期費用も必要ありませんし、住所と電話を借りるのは月々3334円で済みます。もちろん郵便物の転送もできますし、突然顧客から電話がかかってきたとしても、教育を受けているスタッフが対応してくれます。
住所も大塚と池袋、電話番号は東京03のものを借りれますので、信頼度も高い住所と電話番号だといえるでしょう。

月額1950円格安コースはこちら

問合せ
問合せ
page-netshop