東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

個人事業主でも利用できる国や地方自治体の助成金

個人事業主でも利用できる助成金制度

比較的少ない費用で活動できる個人事業主でも、事務所代・通信費・交通費などの費用がかかります。事務所は毎月の利用料金が安いレンタルオフィスを借りたり、通信費を削減するために格安SIMを利用するなどして経費を抑えなくてはなりませんが、いずれにしても資金は必要です。

資金不足を解消するために、銀行などに借入をするという方法もありますが、助成金を利用することを考えてみてはどうでしょうか。助成金は、国や地方自治体などが個人事業主が活動しやすいようにと、事業用の資金を交付する制度です。助成金は企業がもらうものと思っている人が多いようですが、個人時業主でも、応募できる助成金はたくさんあります。

助成金に似た制度に補助金制度がありますが、補助金は資金を借りるものなので、返済する必要があります。この点が、助成金との違いです。まずは、返済する義務のない助成金制度を利用することを考えましょう。
助成金を利用するためには、受付をしている役所に必要な書類を提出して、審査に通れば助成金が交付されます。応募するための条件や提出する書類については、制度ごとに異なりますので、しっかりと調べてから応募をするようにしましょう。

地方再生中小企業創業助成金とキャリアアップ助成金

キャリア個人事業主でも利用できる助成金に、厚生労働省の地方再生中小企業創業助成金

住所

があります。地方再生中小企業創業助成金は、雇用情勢が良くない北海道・福島県・福岡県・熊本県などの21県道で、雇用創出効果の高い事業を開始する個人事業主などに、助成金を交付する制度です。対象となる事業内容については、それぞれの地域で定めるとしていますので、事業を行う地域にある労働局に聞いてください。事業を行う場所や内容などが条件となりますが、条件に該当する場合は応募することを検討してみましょう。

キャリアアップ助成金も、個人事業主が利用できる制度です。キャリアアップ助成金は、正社員以外の非正規雇用労働者のキャリアアップを促進するための制度で、人材育成コースや健康管理コースなどの6コースから構成されます。個人事業主が非正規雇用労働者を雇用した際に、この助成金の利用を検討すると良いでしょう。キャリアアップ助成金も厚生労働省の制度なので、受付は最寄りの労働局かハローワークとなっています。
これら以外の個人事業主向けの助成金制度も数多くありますので、積極的に情報方法を収集してください。助成金を上手く活用すれば資金繰りを改善して、安定した事業運営をすることができるでしょう。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-kojin