東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • 電話代行付きバーチャルオフィスも格安月額7,871円東京最安値クラス
メインイメージ

個人事業主(フリーランス)の方にお勧めします

個人事業の方にバーチャルオフィスをお勧めする理由

image

自宅開業ということで個人事業主(フリーランス)の方は自宅を仕事場にすることが珍しくありません。そうなるとオフィスの住所、電話番号が自宅と同じになってしまします。自分一人ならばまだいいかもしれませんが、ご家族と一緒に生活されているならば個人情報保護の観点からもあまりいいといえません。仕事で名刺交換をすることもあると思いますが、その名刺の個人情報が顧客名簿として売買されていることも珍しくありません。どんな仕事でも必ずトラブルは付き物です。BtoB、BtoCに限らず必ずしも良心的な取引先ばかりとはかぎらないのです。また仕事上のトラブルなど様々ななリスクを考えると、やはり自宅と仕事場は分けた方賢明です。

では自宅とは別にオフィスを借りようと思うかもしれません。しかしその維持費用が馬鹿になりません。ワンルームのマンションを借りたとしても月7~8万円は覚悟しなければなりません。その他かかる費用は、電話、電気、ガス、水道、ネット回線などもろもろ含めて月最低プラス2~3万円はかかるため、貸しオフィスの場合最低諸経費として10万円前後は見ておかなくてはなりません。やはり仕事場とオフィスは明確に切り分けた方がベストですが、貸しオフィスを借りる場合いかんせコストがかかり過ぎるのが問題です。

レンタルオフィスでも安くて月3万円

image

最近ではレンタルオフィスや、シェアオフィスなど共有オフィスを借りるという手段もあり、個人事業主(フリーランス)の方が借りている方も多くいます。自分で借りるオフィスと違い電気やネットなどがコミコミのケースが多いのですが、それでもレンタルオフィスの場合最安値で月3万円くらいが料金相場です。

貸事務所を借りるよりははるかに安くすみますが、それでも月3万円の固定費は重く、そのため止む無く自宅開業されているかた多いのではないでしょか?

お金の問題を解決するのがバーチャルオフィスサービスです。

image

そういったオフィスに関するお金の問題を解決するサービスがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスとは一言でいうと会社用私書箱といったらイメージがわきやすいでしょうか。住所だけを借りるサービスです。もちろん名刺やホームぺージに住所の記載もOKです。しかも借りた住所に届く郵便物は、自宅に転送されます。

なんといってもメリットは料金が月々数千円で済むのでこれなら自宅開業されている個人事業主の方にも手に届く料金です。これであなたのプライバシーを守れ、自宅とは別にオフィスを所有していることを対外的にアピールできるなら、信頼度もアップし費用対効果がずば抜けて高いのではないでしょうか?。

個人事業主がバーチャルオフィスを借りる3つのメリット

プライバシーを守る
個人情報保護

自宅開業の方でも自分の住所を明かさなくて済みます、名刺、ホームページ、申込書の記載にはバーチャルオフィスの住所を利用できるので、完全にあなたのプライバシーを守ることができます。

安い料金低コスト
安い

バーチャルオフィスならマンションの一室を借りたり、レンタルオフィスやシェアオフィスを借りたりするより、断然安い料金で東京の住所を利用できます。手前みそですが弊社バーチャルオフィスの場合月額2100円(1年間利用)の金額で借りることができるのです。

東京の住所信頼の獲得
信頼

フリーランスで働いている方は業種にもよりますが、自宅開業の方がほとんどです。そんな中で自宅とは別にオフィスを持っていた方が、差別化につながり、信頼度もアップ。営業力アップにつながるため効果的です。

電話番号サービスや会議室などオフィスサービスも利用可能

03転送電話をお貸しするサービス、電話代行サービス、ホームページ制作、記帳代行サービスなど様々なオフィスサービスが低価格でご利用できるのもバーチャルオフィスを利用する魅力の一つです。

住所のみならず、03電話番号(電話転送)電話代行サービスも充実していますので名刺03の電話番号を記載できます。

個人事業主の方のバーチャルオフィス利用例

フリーwebデザイナー、デザイナー、エンジニア
個人情報保護

バーチャルオフィスを利用する方で多い方はフリーランスのwebデザイナーが挙げられます。webデザイナーのほとんどが下請け主体ではありますが、直接クライアントと取引することもあります。最近ではランサーズなどのクラウドソーシングが流行しているので、直接エンドユーザーと取引する機会も増えていると思います。そういった中でバーチャルオフィスを有効活用していただければと思います。

ネットショップの運営
個人情報保護

最近では個人事業主(フリーランス)や週末起業でネットショップを開業する方も増えています。アマゾンや楽天yahooなどのASPサービスにも手軽に出店できるので、商材さえあれば個人事業主の方でも成功できる確率は高いといえます。例えば、条件付きで特定商取引表示の住所にもバーチャルオフィスの住所を利用することができます。また電話代行サービスなど導入すれば、非常に効率的にネットショップを運営できるのネットショップとバーチャルオフィスの相性は非常に良いといえます。

研修講師
個人情報保護

ビジネス系の研修やコーチングをはじめ様々な研修がございます。特に最近ではskypeなどのテレビ電話的なツールなども無料で使えるため、ネットを通じたマンツーマンの研修も手軽にできるのようになりました。人に教えるというビジネスも今後ますます増えていくことに
なると思いますので副業感覚でバーチャルオフィスを利用てみてはいかがでしょうか?

出張整体や出張pcサポートなど出張ビジネス

個人事業主の方がバーチャルオフィスを利用する例で時々あるのが出張系のサービス。出張系のサービスは特に店舗やオフィスを持つ必要がなく、また移動していることが多いので電話代行などのサービスが便利でバーチャルオフィスとの相性はいいのです。その他バーチャルオフィスサービスで個人事業主の方が利用された事例は下記のとおりになります。業種も様々です。

オフィスナビバーチャルオフィスサービスのご案内

image格安バーチャルオフィスコース
東京の住所だけ借りたいという方にお勧めのコース。郵便物転送や将来法人になったときの会社登記もできるのでお支払いは月払いコース、3ヶ月払い、1年払いと選択できます。
image転送電話バーチャルオフィスコース
東京の住所と03番号(転送電話)をレンタルするコース。住所と連動した電話番号で信頼度もアップ
imageバーチャルオフィス電話代行コース
東京の住所と電話代行がパックになったコースです。特に前述した出張系のサービスの個人事業やネットショップ運営されている方は電話代行を利用することにより、業務効率化や機会損失がなくなり売り上げに直結します。

オフィスナビでは個人事業主フリーランス)→法人の名義変更可能です。

image

今は個人事業主(フリーランス)だけどいずれは法人化したい!

 

個人事業主の皆さまはこのように考えられている方も少なくないと思われます。

 

オフィスナビのバーチャルオフィスでは最初は個人で借りて後から法人に名義変更することも可能です。名義の変更にかかわる手数料は無料です。
当然登記も可能でございますので、選択肢の幅は広がります。

電話番号
page-kojin