レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いについて

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • 電話代行付きバーチャルオフィスも格安月額7,871円東京最安値クラス

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い

image

新しく事業を始める時に自宅の住所を登記したりHPに載せたりすることは、誰もが避けたいでしょう。そのため、「オフィスをどうするか?」について、考えなくてはなりません。

現在はオフィス形態が多様化しており、自分のニーズに合った選択をすることができます。本記事では、バーチャルオフィスとレンタルオフィスという2つのオフィス形態の違いについて、考察したいと思います。

バーチャルオフィスと似ているサービスにレンタルオフィスやシェアオフィスというサービスがございます。もともとバーチャルオフィスはレンタルオフィスのサービスから派生したもの考えられていますが。違いについて比較してみたいと思います。従来より存在する「レンタルオフィス」の場合は、物理的スペースからオフィスに必要なデスク、ソファーなど各種備品を提供 してくれます。それに対しバーチャルオフィスは、住所や電話の貸し出しなどを提供し、実際にその場所で仕事をしていなくても、その住所や電話番号を利用できるのです。取得した住所に届いた郵便物や、電話・Faxは全てあなたに転送してくれるので、単に住所や電話番号を便宜的に借りているだけでなく、それらを利用してビジネスが行えるのです。また、バーチャルといいながらも、会員が使用できる会議室やスペースを貸し出している場合が多く、実際にクライアントと対面したり、セミナーなどを行える場も提供してくれます。必要なときのみ会場使用料を払い利用することができ、とても経済的です。

初期費用について

まず初期費用について考えるとレンタルオフィスの場合通常の賃貸よりかは安いケースは多いものの、たいてい賃料の2ヶ月分や保証金等を請求される場合が多く、少なく見積もってもなんだかんだで10万円以上はかかります。
これに比べバーチャルオフィスの場合は初期1~2万円で済む場合が多いので、イニシャルコストの点で考えると当然といえば当然ですが、バーチャルオフィスの方が安くなります。イニシャルコストは大きく違う点です。

月額費用

バーチャルオフィスもレンタルオフィスもイニシャルコストが低いという点では、共通しています。しかし、月額の使用料にはかなりの開きがあります。バーチャルオフィスは、月額1万円以下から使用できるところもあります。一方、レンタルオフィスの賃料は、月額数万円~十数万円程度かかる場合もあります。ですので、コストパフォーマンスだけ見ればバーチャルオフィスのほうが優れているでしょう。

スペース
image

レンタルオフィスの場合通常のオフィス同様専有スペースがあります。仕事場として活用できますが、バーチャルオフィスは仮想事務所ということでスペースが無いのです。そこが大きな違いです。ただバーチャルオフイスにより時間貸しでスペースを貸しているところもあります。時間貸しなので高くなりがちです。家で仕事ができない方はレンタルオフィスの方がいいかもしれません。

会議室、応接室

レンタルオフィスの場合通常会議室はあり、無料で利用出来るケースが多いです。バーチャルオフィスの場合8割型の会議室はありますが、有料になるケースが多いです。打ち合わせや商談などで頻繁に会議室を利用する方はレンタルオフィスの方がいいかもしれません。

立地

立地に関してはレンタルオフィスもバーチャルオフィスも違いは無く、さほどかわらないかもしれません。どちらも東京都内の駅近が多いです。

電話

レンタルオフィスは通常のオフィスと変わらないのでNTTの電話やIP電話機を利用する場合が多いようです。
契約もお客様が直接NTTなどの電話会社とするケースが多いです。これに対してバーチャルオフィスの場合は局番を用意してボイスワープ等で転送させる転送電話になります。そのため利用者がどこにいても電話につながります。

fax

上記の電話と同様です、レンタルオフィスの場合狭いので専有というよりかは共有でFAXを利用するケースが多いです。バーチャルオフィスの場合はインターネットFAXか、共有FAXでメール等に受信データが転送されるのが一般的です。

公的な手続き

バーチャルオフィスは、銀行口座の開設や社会保険・雇用保険の申請が困難である場合が多いです。これらができないと法人として業務が行えないこともあり得るので、非常に重要な要素だと言えるでしょう。
ただし、事前準備をしっかりおこなえば、バーチャルオフィスであっても公的な手続きをパスする可能性はあるので全くダメというわけではありません。

社会的信用度

バーチャルオフィスもレンタルオフィスも一等地の住所を借りれば、同じように社会的信用を得る要素となります。

ただし、バーチャルオフィスの場合は住所からバーチャルオフィスであることが判明してしまった場合、信用度が下がらざるを得ないのでレンタルオフィスよりもリスクがあります。

倒産リスク

レンタルオフィスはバーチャルオフィスと違い、実在の場所を所有しているので固定費が高くなります。そして、うまく人を集めることができないと倒産してしまう場合もあります。

もしもそうなれば、そのレンタルオフィスを借りていた事業者は法人登記を変更したり名刺を再発行したりと色々なコストが生じてしまうことになります。

電話番号
page-use