東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

バーチャルオフィスとは

image

バーチャルオフィスとは一言で言うと企業版私書箱のことを意味します。
レンタルオフィスや賃貸オフィスなどを実際に借りないで、ビジネスが可能な新しいオフィスのスタイルです。バーチャルオフィスのサービス内容には、法人登記やビジネスに必要な基本サービスの電話・住所・FAXなどを揃えております。

 

都心に顧客を持っているSOHOや起業を行う時のベンチャー企業を中心に、活用が広まっているサービスです。また、大きな会社でも節税や戦略などのためにバーチャルオフィスを活用し、有利にビジネスを進める方法としても利用されています。このようにITインフラが進化した現在では、固定した事務所などを所有しないでビジネスをする方が非常に効率的で、今後の主流になってくると言えるでしょう。

 

バーチャルオフィスにすれば初期費用に加え、毎月の費用をかなり抑えることができるので起業が始め易くなります。なんといってもバーチャルオフィスは格安なのが最大のメリットです。
週末起業や副業、定年退職した後のビジネスまで非常に幅広く手軽利用することが可能なのです。
これから、さらに様々なビジネスにろいろ利用されるバーチャルオフィスは、これからの時代の標準的なツールとしての役割を担ってくるようになるでしょう。

バーチャルオフィス登場の背景

image

昭和の終わりごろまで、企業というのは働く場所ありきのものでした。会社の中にオフィスがあり、そこで仕事をする従業員がいる。しかし携帯電話が登場し、ネット社会が発展していくなかで、その形態は少しづつ変化していきました。そんな中で現れたのがバーチャルオフィスと呼ばれるものです。1995年以降の携帯電話の爆発的普及、インターネット接続環境の整備が進み、
90年代中~終わりになると、電話やメールなどのIT機器を活用し作業スペースが無くてもできるビジネスが増えてきてSOHOビジネスが登場してきました。

 

最近ではさらにIT化が促進してネットがあれば、どこでも使えるIP電話、スカイプ等無料もしくは格安で利用できるコミュニケーションツールの登場、ビジネスアプリケーションのクラウド化により、PCと携帯があればどこでも仕事ができ、誰とでもコミュニケーションがとれる時代に入っており、SOHO化がさらに進んでいます。

 

ある大手大企業も週に1回は直行直帰にして自宅で仕事をさせる制度を導入したのですが、以前より仕事の効率も良くなり、社員の体調良くなり、会社に対する満足度も高くなったとのことでした。

 

これもクラウド化の恩恵です。オフィスが無くても自宅で仕事ができる時代に突入しました。
バーチャルオフィスの歴史

image

『バーチャルオフィス』という名称が出現しはじめたのが2006年頃からでした。

 

それまでも同様なサービスがあり、私書箱やレンタルオフィスのサービスとしてあったのですが

 

専業のサービスとしてはありませんでした、2006年以降バーチャルオフィス会社が次々出現しました
最近ではバーチャルオフィスのサービス体系も多岐にわたります。

 

電話代行業者のバーチャルオフィスは秘書サービスをセットにしたり、レンタルオフィス事業者が貸し会議室やスペースをサービスしたり、ホームページを制作したりサービスもあります。住所だけでなく起業に関連するテーマで多岐なサービスを提供する傾向になっています。

 

バーチャルオフィスの良いところは、とにかくコストをおさえて企業が興せるところにあります。経費削減と叫ばれるこの時代、都心のビルにオフィスを構えることなく、自宅で業務を行うことができるバーチャルオフィスの存在は、現在社会において欠かせないものなのです。

 

バーチャルオフィスとはどんな人が活用するの

image

これから事業を開始しようと考えている人や事業を拡大していこうとする個人事業主、とりあえずオフィスを用意する必要のある個人事業主、にはバーチャルオフィスは活用しうるものの一つとなるはずです。

 

なんといっても難しいのがオフィス用物件選びで、いたるところ随所にオフィス用物件がありますが、安い買い物ではありません。高い敷金礼金に加え、賃料が月額20万円といったオフィスを借りますか。おおよそ契約前には考えることがあると思います。

 

仮にバーチャルオフィスにすれば、月額が大幅に減少するため、金銭的な不安がほとんどなくなります。現在事業の運転資金に不安材料がある個人事業主にとっては、一つのチャンスと考えることもできます。これまで事業参入を躊躇していたことのあった領域にも、比較的参入障壁をなくしており、ビジネスチャンスが増加してきます。

 

開業時には自宅の住所を表記するという手もありますが、それよりもバーチャルオフィスの住所表記をするほうが幾分似つかわしいことがあります。

 

またすでに事業をしていてオフィスもある個人事業主が新たに事業を拡大すべく、少し離れたエリアに進出するときに、一旦バーチャルオフィスとして、リスクを大幅に削減することができます。

関連サービス情報

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-use