東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

手軽にできる自宅開業のメリットとデメリットを考える

誰でも直面する起業する時の事務所の問題

起業時に問題となることの一つとして、事務所を何処にするかということがあります。事業内容や顧客のことなどを考えて事務所のことを決めなくてはなりませんが、事業運営の知識も乏しくて使える資金が少ない起業したばかりの時は、自宅で開業しようと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、事業運営の中心となる場所は、単に作業をするだけではなく対外的な窓口にもなる場所ですから、慎重に考えなくてはなりません。そこで、自宅で開業することのメリットとデメリットを、詳しく考えてみることにしましょう。

 

自宅開業のメリットにはどのようなものがあるか

自宅自宅開業の最大のメリットは、事務所の賃貸料を節約することができることです。自宅の仕事場のスペースを経費として計上することもできますが、一般的な貸事務所の賃貸料と比較をすると、タダ当然に金額で済むでしょう。まだ売上げない起業時は、いかに手持ちの資金を使わないかが課題となりますので、事務所代を大幅に節約できる自宅開業は、大変に魅力的なプラントと言えます。

 

そして、起業する前後は、開業届けや事業計画の作成などで特に忙しい時期ですから、事業を行うのに相応しい場所に、予算の範囲内で条件に合ったスペースを見付けるのは、大きな負担となるでしょう。インターネットを利用すれば、希望する条件に合った物件を探すことはできますが、賃貸料の相場や物件に詳しい内容などを調べてオフィスを決める作業は、やはり大変な作業となりますので、とりあえず自宅をオフィスにして事業運営の方に集中したいと思う人が多いのもうなずけることです。

 

コストや手間のこと以外にも、自宅開業のメリットはあります。通勤時間がゼロとなりますので、事業に使える時間を増やすことができます。交通手段のことを心配することなく、一中仕事をすることができますし、布団に入っている時に何かアイデアが浮かんだ時にすぐに試すこともできるでしょう。しかも、接客をすることがないのであれば、服装にこだわる必要もありませんので、仕事用の服に着替えずに普段着のまま作業を行うこともできます。

 

このように、自宅で開業をすることには、いくつものメリットがありますから、まず真っ先に自宅をオフィスにすることを考えるのも、自然なことと言えるでしょう。

 

自宅開業した場合のデメリットとはどのようなものか

当然ながら自宅開業にも、デメリットがあります。最も大きな問題は、対外的な信用を得るのが難しいことでしょう。事業内容にもよりますが、顧客が自宅を兼ねた事務所を訪問した時に、仕事だけに専念しているという印象を感じにくくなります。接客をした場所が生活するスペースである場合は、家族のものなども置いてありますので、仕事のことだけを一生懸命にしているというアピールがしにくくなります。片手間に仕事をしているのではないかと、思う人もいるのではないでしょうか。さらに、事業に関係のない家族が電話や玄関口での応対をした時などは、かなり印象が悪くなってしまいます。自宅で開業する場合も仕事と個人的なスペースは別々にして、仕事だけをする空間をつくる必要があります。

 

ビジネス対外的なことだけではなく、生活する場所と仕事をする場所が一緒になることによって、起業した当人が緊張感を持って仕事をすることができないというデメリットもあります。事務所に行って仕事をする場合は仕事場に行く用意をして、仕事に関するものだけが置いてある場所で作業をすることができますが、自宅で仕事をする場合はプライベートとの切り替えが明確にならずに、メリハリがなくなってしまう可能性がるでしょう。起業時から順調に仕事の依頼が来ることは稀ですから、自分で予定を組んで作業しなくてはなりません。しかし、生活する場所と一緒だと、仕事に関することを何もせずに、ダラダラと時間を潰してしまうことになりがちです。自宅開業を成功させるためには、強固な意志と明確な計画を立てておく必要があります。

レンタルオフィスを借りることも考えてみましょう

レンタルオフィス自宅開業のメリットとデメリットを考えてみましたが、誰もが自宅で開業することが良いとは言えないのです。事業内容や自分のことを良く考えて、自宅をオフィスにするかオフィスを借りるのかを、考えなくてはなりません。最近は安い料金で利用できるレンタルオフィスがたくさんありますので、そのような場所で起業することを考えてはどうでしょうか。スペースも狭いですし通勤する必要もありますが、レンタルオフィスを利用することで、これから起業をするんだという実感が湧いてくるでしょう。毎月経費がかかることになりますが賃貸料の安い所を借りれば、それ程負担になることもありません。仕事の専用のスペースを用意することで能率を上げて、賃貸料以上の売上げを上げれば良いのです。そのような意気込みは顧客にも伝わる筈ですから、決してオフィスを借りたことは無駄にならないでしょう。事務所の賃貸料を節約することも大切ですが、仕事をするための意欲を確かなものにして、取引先と仕事だけの話をするスペースを確保することを考えてみることも大事なことです。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-kojin