バーチャルオフィスの使い方について

バーチャルオフィスの使い方として起業や副業の他に既にある会社の営業所や出張所としての利用方法もあります

使い方(利用方法)について

image

バーチャルオフィスは副業の方や個人事業の方、ベンチャー企業まで様々な用途でご利用頂いています。
ここでは具体的な利用事例について挙げさせていただきます。

バーチャルオフィス具体的な活用例

起業・独立・新規開業に

バーチャルオフィスを利用する中で一番多いのが起業や独立です。ベンチャー企業を起ち上げる場合、導入時点で多くのコストがかかる。そのうち、オフィスにまつわる部分のコストを削減しようという目的でバーチャルオフィスは利用されます。どうしてもオフィスに関わる部分は直接は利益は生まない間接部分になりますので、そこにお金をかけるより、利益を生み出す部分に集中してお金をかけた方が合理的といえるでしょう。

週末起業に副業に

image

最近では週末起業や副業が流行しています。また、会社から貰える給与も不景気の中、上昇が見込め無い状態です。必然的に自分の所得を増やすため、週末起業や副業が流行しています。時代の流れで昔では考えられなかったことですが最近では大企業も副業を認可もしくは容認しています。そのような副業をされる方にとって、バーチャルオフィスは気軽に借りれてかつ低料金なためまさに最適です。どのような副業が多いといえば、ネットビジネスが最も多いですが、ネットでの商売も、通販のみならず、マッチングサイトや会員サイト等色々なビジネス展開が考えられるようになりました。月次のサーバー費用や広告費用等以外とランニングコストもかかる商売なので、いかにコストを抑えるかが成功のポイントになると思います。

出張所や営業所、支店として

image

地方で成功をおさめた企業の方々は、いずれ東京で大きな飛躍を、とお考えのことと思います。東京へ進出しようとする際、東京でのマーケティング調査をはじめ、営業エリアの選定、人材の確保など、事前にさまざまな準備が必要になります。それには、まず、必要最小限の『拠点』を設けなくてはなりません。東京進出はチャンスでもあるけど、リスクでもあります。マーケットが大きいので収益を上がるためには東京に進出したいと経営者の方も多いはずです。しかし問題はオフィスの賃貸料など。成功するか失敗するかわからないのに、大きな投資はできません。そんな時バーチャルオフィスは重宝します。一般的なオフィスを借りるより、格段に安いので東京進出の最初のステップとしてはこれを活用する手はないでしょう。実は世界的にだれも知っているあのIT企業が日本進出する際利用したのが某渋谷のバーチャルオフィスです。さまざまなビジネスインフラサービスメニューをそろえていますから、少ない経費で事務所に必要な運営機能を得ることができます。

電話番号
page-use