東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

バーチャルオフィスの選ぶポイント確認事項

バーチャルオフィスを選ぶポイントについてまとめてみました。

 

 

バーチャルオフィスの料金について

image
入会金はどれくらいかかるかを確認

バーチャルオフィス各社によって入会金は違いますがだいたい月額の2ヶ月分が相場でししょう。月額が安くても入会金が高いとこともありますのでまずは最初にかかるお金も確認しましょう。

  • 保障金はかかるのか
  • また転送電話や電話代行のサービスを利用する際通話料金が前払いかどうかも確認した方がいいでしょう
2月額はどれくらいかかるか
image

これもバーチャルオフィスによりまちまちですが、もっとも大事なところです。賃貸料が転嫁される傾向にあるので、駅のそばとか一等地、設備が豪華なほど月額費用が高い傾向にあります。レンタルオフィスが運営するバーチャルオフィスは一般的に高い傾向にありますがそれにはこうした理由があるからです。またたいていのバーチャルオフィスは月額定額のところが多いのですが、一部の私書箱や、バーチャルオフィスでも安いところは一回ごとに郵便転送、手数料が発生して、結局は想像以上にお金がかかってしまったというケースも多くあります。その他バーチャルオフィスによっては郵便受け取り数を制限しており、一定以上を越すとお金がかかるケースもありますので予め、どれくらいの郵便物が届くか想定していくことが大事です。

 

サービス内容の確認

月に何回郵便物が転送されるか

これはかなり重要な項目です。郵便物の中には重要なものも少なからず含まれています。そのためこまめに郵送してくれるバーチャルオフィスが良いでししょう。通常は月4回程送られるのが標準ですが、安いところは月に
2回しか送られなかったりするので必ず最初に確認が必要です。

 

特に郵便の中でも大事なのは請求書関連。バーチャルオフィスを転送されてお客様の元に届くため、支払いサイトが短い請求の場合、支払い期日を過ぎてしまったりと事故も起きる可能性があります。

 

そのため以下のポイントについて確認をお勧めします

 

登記ができるか?

たいていのバーチャルオフィスは起業用なので法人登記ができることになっています、しかし稀に登記ができなかったり、また登記可能な場合料金が高くなったりするケースが多いので注意が必要です。

 

また一番多いケースは最初個人で借りて後に法人登記する法人成のケースです。名義変更等で手数料するかもしれないのでその点はよく確認する必要性がありますまたそのような場合、必ず必要書類を再提出するようになるので必要な書類を確認しておくことが必要です。

住所

バーチャルオフィスを選びの基準の一つに場所があります。レンタルオフィスと違いバーチャルオフィスはその場所のスペースを借りることはないので、ある意味どこでもいいことになります。しかし実用性を考えるとできる限り自分が住む家からそばで近いところで交通うの便がいいところがいいと思われます。何故なら、郵便物をすぐに受け取りたい場合等緊急時に近い方が便利だからです。その他顧客との打ち合わせ等もあって会議室も借りたりする場合等を考えると近い方が便利です。住所のブランドで選ぶ考えも大事ですが、あと後のことを考えると利便性も大事です。

会議室などのスペースは借りることができるのか

会議室等のスペースを借りることができるのかがバーチャルオフィスと私書箱との大きな違いと言って過言ではありません。ビジネスを考えると少なからず打ち合わせがあるのではないでしょうか。殆どないかもしれませんが,やはり打ち合わせを考えると会議室は必要ですそのようなサービスがあった方がいいです。オプションサービスになっている場合が多く、1時間単位でお金がかかると思いますのでいくらくらになるか予め確認しておくといいと思います。

作業スペース

最近では時間貸しレンタルオフィスやシェアオフィス等,共有スペースを割と低コストで借りることができるサービスが流行しております。バーチャルオフィスユーザーは基本自宅で内勤作業することが中心になりますが、時間単位で作業スペースを借りることができた方がいいでしょう。

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page-use