東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

最安値クラス月額2,100円のバーチャルオフィス

郵便転送は手数料不要実費のみ

電話代行付きバーチャルオフィス月額8,500円東京最安値クラス

電話はお気軽に

個人事業主として開業することのメリットとデメリット

個人事業主として開業することのメリット

自宅起業をする場合は法人として事業を始めるという人が多いのですが、個人事業主として開業することも選択肢の一つとして考えるべきでしょう。個人事業主は、法人にはないメリットをたくさん持っています。

個人事業主として仕事を始める時は開業届を提出するだけで、事業を開始することができます。開業届けは名前・住所・事業内容などを書くだけですから、誰でも簡単に作成することができるでしょう。会社を設立する時のように定款を作成したり、設立登記をするといった面倒な手続きは不要です。そのため、開業にかかる費用が要りませんので、すぐに開業することができます。現代はインターネットを始めとする情報技術などの進歩によって変化が速い時代ですから、モタモタしていると事業を成功させるタイミングを失ってしまいます。タイミング良く素早く事業を開始した時には、手続きに時間が掛かる法人と立ち上げるよりも、個人事業主として開業する方が向いているのです。

そして、開業してからの事業運営でも同様です。企業の場合は決算などの会計処理が複雑で税理士などに依頼をする必要がありますが、個人事業主は企業ほど複雑なことは要求されず、会計ソフトがあれば一人で処理することができます。しかも、確定申告の際には事業のために支払ったお金は、企業と同じように経費として認められます。
このように手軽に開業・運営ができるのが、個人事業主の最大のメリットと言えるでしょう。

個人事業主として開業した場合の問題となることは?

個人事業主として開業することには、デメリットもあります。個人事業主は社会的な信用が低いので、大手企業とは取引をしてもらえないこともありますし、金融機関から借り入れするのが難しいことも多いのです。大企業と取り引きできず資金を借りられないのでは、大きな仕事をするのが困難になりますが、開業当初からいきなり大きな仕事が入ることは稀ですから、あまり問題にはならないでしょう。開業したばかりの頃は小さな仕事をこなして取引先を増やして行く時期ですから、大企業と取り引きしたり資金が必要になるのは、もっと先の話になります。

そのため、開業時に個人事業主だからと不便を感じることは、あまりないでしょう。事業の内容と状況を良く把握して、適切な形態で開業することが大切です。まず個人事業主として開業して、順調に事業運営が進んだ時に、法人化することを考えれば良いでしょう。そうすれば、無駄な費用を使うこともなく、迅速な事業展開が可能となります。

問合せ
問合せ

TEL:0120-833-834

スマホからワンクリック発信

page