バーチャルオフィスのデメリット問題点やメリット

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • 電話代行付きバーチャルオフィスも格安月額7,871円東京最安値クラス

バーチャルオフィスのデメリット(欠点)とメリット(利点)について

バーチャルオフィスのデメリット

image
1住所を他社と共有している

住所を他社と共有していいるので、ネット等で検索すると同じ住所にたくさんの会社が出てしまうことが時々あります。

2許認可事業

許認可古物商士業,人材派遣、リフォームや建設業の許可などはバーチャルオフィスでは利用ができないです

3銀行等の金融機関との取引が不利になる可能性あり

金融機関の取引が難しい場合もある。銀行等金融機関の取引がバーチャルオフィスだと不利になる場合もございます

4自宅での仕事は公私のメリハリが効かない

結局バーチャルオフィスの場合住所だけ借りるので、仕事をするのは家になったりします。
自宅で仕事をすると公私のメリハリも効かなくなり、だらだらしてしまったり、意外と非効率な部分もあるのです

バーチャルオフィスのメリット

image
なんといってもイニシャルコストが安い

何と言ってもイニシャルコストが安いというのがバーチャルオフィスのメリットです。
通常のオフィスの場合保証金礼金等でイニシャルが50万円以上はざらですが、バーチャルオフィスの場合高くても数万円に抑えることができます。その分起業にかかる費用を抑えることができます。

ランニングコストも安い

バーチャルオフィスの平均ランニングコストは月3000~4000円程度で携帯電話並みの維持費用です。ランニングコストが安いということはそれだけ経営に柔軟性ができるということです。

image

3保証金等もあまりかからない
実際のオフィス賃貸と違い、バーチャルオフィスの場合保障金がかかることはあまりありません。

現状回復費用費もかからない

通常のオフィスの場合だと借りた後、元の状態に戻さなければなりません。敷金で相殺され足りない時は立ち退き時に清算しなければなりません。バーチャルオフィスの場合実際の事務所を借りることが無いので現状回復費用を払うこともありません

オプション等で電話代行や経理代行等安くできる可能性もあり

バーチャルオフィスで付属で付いているサポートに電話代行や経理代行等のサービスがあり、
一緒に利用すると安くなったりと特典がある場合がございます。その他経営のコンサルや指導等
サービスとして行っているところもあります。

電話番号
page-use