バーチャルオフィスのデメリット(欠点)とメリット(利点)について

  • 2015年11月21日
天秤 天秤の台
指示棒を持つ女性

バーチャルオフィスの

メリットとデメリット

詳しく解説

こちらのページに開いた「あなた」は
下記のようなことに疑問を
お持ちでないでしょうか?

指示棒を持つ女性
疑問
  • 起業で「レンタルオフィス」「シェアオフィス」「バーチャルオフィス」のメリットやデメリットを比較して、どれが自分に合うか考えたい
  • バーチャルオフィスを契約しようと思うが、初めての利用で不安。どんなデメリットがあるのか知りたい
  • バーチャルオフィスを契約予定だがトラブル防止のためデメリットを確認したい

このページはこれから起業や副業をするため、バーチャルオフィスの利用を検討している方のために「バーチャルオフィスのデメリットとメリット」を中心に様々な角度から考察し、皆様にお役に立てるような情報を提供します。

読んで損はありません。是非最後まで目を通してください。

メリットとデメリットの天秤

どのような商品やサービスでも「メリット」「デメリット」は存在します。

これを読んでいるあなたも過去に「メリット」「デメリット」をよく調べないで商品やサービスを購入し「失敗した」と思う苦い経験あるのではないでしょか?

バーチャルオフィスも他のサービスや商品と同じように「メリット」「デメリット」が存在しますが、たいてい「デメリット」をはるかに上回る「メリット」を感じていただけると思います。

こんなはずじゃなかったのに

しかしごくまれですが、中には「こんなはずじゃなかった」と思う方もいます。

契約する前にデメリットになる点とメリットになる点をしっかり確認しておくことにおすすめします。

ここでは特に「バーチャルオフィス」を初めて利用する方のために、「デメリット」と「メリット」を詳しく説明していきたいと思います。

バーチャルオフィスのデメリット

デメリット1

住所を他社と共有している

ネット検索

バーチャルオフィスは他社と同一の住所を共有することになります。

1つのスペースに対して、レンタルオフィスや賃貸オフィスの契約数は有限です。 満室になったら借りれません。

しかしバーチャルオフィスの場合スペースを借りないため、事実上無限大に会員を増やすことが可能になり、同一住所にたくさんの会社が存在することになります。

同一住所に多くの会社があるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

これは例えばたまたま取引先がネット検索したら、数多くの会社が表示されるので不信感を抱かれるかもしれません。その他バーチャルオフィスを利用している企業の中で、たまたま不祥事を起こす会社があれば、住所が同一なので不信感に繋がる可能性があります。

デメリット2

業種によりバーチャルオフィスの住所利用ができない

許可が必要

一般の会社、ネットショップ、組合、NPO、社団法人などはバーチャルオフィスの住所で法人登記ができて違法になりません。

しかし古物商、士業(行政書士、司法書士、税理士)、職業紹介業、人材派遣、不動産業、建設業、探偵業、風俗業など行政に対して許認可・届け出・免許が必要な事業の場合、申請届出する住所にバーチャルオフィスの住所を利用することができません

何故利用できないかといえば、このような行政への許認可・免許が必要な業種の場合、書類保管、面談スペース、プライバシー保護、トラブル防止が求められ、実態のある通常のオフィスが必要になるからです。

そのため申請届出の住所にバーチャルオフィスの住所を利用することができません。詳細につきましては下記のURLをご参照ください。

【参考情報】バーチャルオフィスでの許認可申請が利用できない業種のオフィス要件について

古物商
古物営業を営む営業所には、「一定期間の契約」と「独立管理のできる構造設備」を求められます古物商の許可には古物の台帳を保管し、業務責任者である管理者がいる実体のある営業所が必要
職業紹介・人材派遣
高さ約180cmのパーテーションで区分けされた面談スペース、固定電話回線
建設業
建物入口に表札や看板が必要で、営業所には独立した一室が必要。そのほか他商談スペース、固定電話機の設置が必要
税理士、行政書士などの士業
例えば税理士業務を開始するにあたり、税理士会の登録が必要だったり、行政書士が業務を開始しするののは日本行政書士会連合会に登録が必要です。こちらの登録申請には実態のあるオフィスが必要になります。
探偵
探偵業を開始するには トラブル防止のため責任者が常駐する実態のあるオフィスがないと許認可が下りない
不動産
オフィスは自社専用の出入り口が必要であり、365日24時間も独占的に使用ができることが条件。専有部分で来客対応可能であることなど
行政への届け出・免許が必要な業種のバーチャルオフィス、シェアオフィス、レンタルオフィスの利用について
バーチャルオフィス レンタルオフィス
古物商 不可能 三角 ブース型でなく完全に個室のレンタルオフィスなら可能
人材紹介・人材派遣 不可能 不可能レンタルオフィスの条件により可能 約180cmのパーテーションで区分けされた面談スペースが必要
不動産業 不可能 不可能
建設業 不可能 三角かなり難しい
士業 不可能 可能
風俗業 不可能 三角ほとんどのレンタルオフィスでは契約不可
デメリット3

銀行口座の開設が不利になる可能性あり

銀行

法人登記の住所が「バーチャルオフィスだと銀行口座の開設が難しい」と噂されていました。

何故なら「バーチャルオフィス」などの住所貸しサービスは「振り込み詐欺」や「グレーゾーンの詐欺業種」に多く利用され、銀行も審査を厳しくするからです。

実は数年前までほとんどのネットバンクでは「バーチャルオフィス」利用事業者の場合、口座開設を断っていました。また大手都市銀行の一部も口座開設の条件としてオフィスの賃貸契約書を求める銀行もいました。

しかし最近では「バーチャルオフィス」の認知も進み、ネットバンクを含め「バーチャルオフィス」を利用しているだけで口座開設を断れるケースは少なくなりました。

銀行が審査で重視する点はオフィスの利用形態でなく、「実態のある会社であるか無いか」「健全な事業を行っているか」です。

賃貸オフィスを利用していても、事業の実態が見えなければ、銀行は取引しません。実態のある事業で経営計画がしっかりとしていて銀行が信用できる相手だと判断されれば、銀行口座の開設の可能性は高いと言えます。

デメリット4

融資の審査が難しくなる可能性がある

銀行

銀行などの金融機関はある程度の「信用」がないとお金を貸しません。

「バーチャルオフィス」利用しているいないに関わらず、創業したての信用がまだない会社が銀行から融資を受けるのはハードルが高いと言えます。

まして通常の事務所のあるオフィスのある企業と比べ「バーチャルオフィス」を利用していれば 信用度はさらに低くなるので、銀行などの金融機関の融資が受けられない可能性があります。

そうはいっても、創業したばかりの小さな会社の場合、現実的には銀行からにお金を調達するより、日本政策金融公庫の創業融資などを利用することが多いと思われます。

日本政策金融公庫の創業融資の審査では、バーチャルオフィスだからといって不利になるということはありません。

しかしこれらの創業融資には審査があるので、審査で不利になる可能性はあります。

というのも「バーチャルオフィスでの起業の場合」通常のオフィスに比べ賃貸オフィスを借りる資金も必要なく、ある意味数万円で気軽に開業できます。

審査担当者は経営者の事業への本気度を見るので「バーチャルオフィス利用者」の場合、気軽に利用できる半面審査担当者からみれば本気度が低く感じられるはずです。

そのため創業融資を受けられなかった企業様もいらっしゃいます。

デメリット4

企業間取引における信頼関係の問題

握手

ひと昔前「バーチャルオフィス」があまり知られていない時代は、「バーチャルオフィス」を利用しているとオフィス自体が無いので、取引相手として敬遠されがちでした。

しかし最近では企業のテレワーク化が進み、オフィスを持たない企業も多くなってきました。

最近では「バーチャルオフィス」の認知も進み、それほど企業間取引の信頼関係に影響を与えないかと思います。大手企業の一部では取引にオフィスの賃貸契約書などを求める会社もあり、しっかりとした「オフィス」を持ち合わせていないと取引して頂けない場合もあります。

デメリット5

仕事場所が無いため、自宅で仕事することになりメリハリが効かない

だらけている人

バーチャルオフィスの場合住所だけ借りるということなるので、実際に仕事をするの場所は自宅になることが多くなります。

自宅で仕事するデメリットは仕事以外の余計なものがあるので仕事に集中できなかったり公私のメリハリも効かないという点です。

仕事する環境というものは非常に重要ですので、自宅の一室をオフィスを改造したり、コワーキングスペースを利用するなど仕事の環境づくりをしていくことが必要です。

デメリット6

人材採用に影響を及ぼす

最近ではテレワークも一般的になってきました。会社に出社せず家で仕事をするようなテレワークの雇用形態も増えているので、さほど人材採用に影響を及ぼすことは無いかと思います。

それでも常設オフィスが無いということは会社の経営基盤、将来性などに対して疑問を与えかねません。

人材採用で社員やアルバイトを雇う場合も面接で「バーチャルオフィス」を利用していると告げることによりと、求職者に不安に思われる場合もあるかもしれません。

デメリット7

郵便物の受取に時間がかかる場合がある

バーチャルオフィスの場合オフィスの実体がなく、自分のその場所にいません。そため会社に届く郵便物は、自分で取りにいくか、郵便物の転送をしてもらうことなります。

しかし問題なのは急ぎで受け取りたい郵便物の書類がある場合です。会社を興すと、取引先からの請求書、税務署、銀行からの通知など、急ぎで対応しなければいけないこともあります。

例えば大阪に住んでいて、東京のバーチャルオフィスを利用していた場合、わざわざ受けとりに行くこともできません。郵便物を即転送してもらっても到着するまで1~2日の時間がかかります。

特に自宅から遠距離の場所にバーチャルオフィスを契約している場合、郵便物については充分に注意した方がいいでしょう。

デメリット8

通常の市外局番付き固定電話や電話/FAX回線が使えない

通常の賃貸オフィスやレンタルオフィスの場合、NTTと契約すれば市外局番(03番号等)の固定電話番号と電話回線を取得することができます。これはオフィスの賃貸契約を結ぶからできることです。

一方でバーチャルオフィスの場合はオフィスの賃貸契約を結ばないため、電話会社と契約することができず、固定電話回線を取得することができません。

固定電話番号ないということは、名刺や会社案内などに市外局番付きの03番号が記載できないので、会社としての信用度も落ちてしまいます。そのため、バーチャルオフィス運営会社ではオプションという形で「電話転送サービス」電話代行サービスを用意しています。

しかし「電話転送サービス」「電話代行サービス」は、通常の固定電話とは違い受信だけのサービスです。

特に営業などで電話やFAXの発信を頻繁に利用する業種では、固定電話が無いということは不便と言わざる得ません。営業手法がテレアポなどの場合1日に大量の電話をかけるので、固定電話やFAXがないとパフォーマンスが落ちるでしょう。

また「電話転送サービス」の法令による利用制限があります。

例えば東京にあるバーチャルオフィスには東京在住の方か東京に営業所や会社がある方しか「03電話転送サービスを利用」することができません。神奈川、千葉など東京以外の方の場合法令上03番号は利用できないので「050番番号」などを使用することになります。

月額1950円格安コースはこちら

バーチャルオフィスのメリット

メリット1

初期費用が安い

まず何と言っても初期費用(イニシャルコスト)が安いというのがバーチャルオフィスのメリットです。

通常の賃貸オフィスのを借りる場合、まず敷金(保証金)で約6ヶ月から10ヶ月、前払い家賃、火災保険料、礼金仲介手数料も必要です。仮に賃貸料が10万円だとしても、100万円近く用意しなければなりません。

シェアオフィスやレンタルオフィスの場合、賃貸オフィスに比べ初期費用が安くなりますが、それでもスぺ―スを借りるため、月額利用料金の1~2ヶ月分が相場となるでしょう。

しかしバーチャルオフィスの場合スペースを借りないため、保証金などはかからないので月額利用料を除いた初期費用が1万円以内に抑えることができます。その分起業にかかる費用を抑えることができます。

バーチャルオフィス、シェアオフィス、レンタルオフィスの初期費用の比較

バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス
入会金・事務手数料 5,000~10,000円(月額の1~2ケ月が相場) 3万円~10万円(月額の1~2ケ月が相場) 入会金や事務手数料という項目はない
敷金・保証金 原則かからない 0円~2か月分くらいが相場 賃料の6~12ヶ月分
その他かかる費用 原則かからないが、郵便などの費用を前払いで払う場合がある 固定電話などの通信設備 礼金、仲介手数料、デスク椅子、通信機器などのオフィス設備や備品
入会金・事務手数料
バーチャルオフィス
5,000~10,000円(月額の1~2ケ月が相場)
レンタルオフィス
3万円~10万円(月額の1~2ケ月が相場)
賃貸オフィス
入会金や事務手数料という項目はない
敷金・保証金
バーチャルオフィス
原則かからない
レンタルオフィス
0円~2か月分くらいが相場
賃貸オフィス
賃料の6~12ヶ月分が相場
その他かかる費用
バーチャルオフィス
原則かからないが、郵便などの費用を前払いで払う場合がある
レンタルオフィス
固定電話やfaxなどの通信設備、備品など
賃貸オフィス
礼金、仲介手数料、デスク椅子、通信機器などのオフィス設備や備品
メリット2

ランニングコストも安い

バーチャルオフィスを利用する最大のメリットはずばり「月額のランニングコスト」が安いということです。 バーチャルオフィスを選択される方はたいがいこの「月額ランニングコスト」が安いということで選ばれます。

例えば都内で月額10万円のワンルームの「賃貸オフィス」を借りたとしましよう。月々の賃貸費用の他に共益費用(水道や共有部分の利用料)、光熱費用、インターネット代、通信費用などで他に最低1万5000円以上かかるとみた方がいいでしょう。レンタルオフィスの場合、これらのサービスが含まれている場合が多く多少は安くなりますがそれでも月々5万円~というのが相場です。

それに対してバーチャルオフィスの場合、提供会社により異なりますが月々2,000~5,000円程度が相場料金です。

維持費用が安いということはそれだけ経営に余裕が生まれ、柔軟性ができるということです。特に起業して間もない時期は得意先も少ないため売上も立たない場合が多いでの最低限のランニングコストを考えた方が得策です。

バーチャルオフィス、シェアオフィス、レンタルオフィスの月額費用の比較

バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス
月額費用 1,000~5,000円が相場 4万円~8万円が相場(ワンルームタイプ) 7~10万円(ワンルーム)くらいが相場
月額利用料金以外にかかる費用 郵便費用 共益費、光熱費用 共益費、保険費用、光熱費用、通信費(インターネット)
月額費用
バーチャルオフィス
1,000~5,000円が相場
レンタルオフィス
4万円~8万円が相場(ワンルームタイプ)
賃貸オフィス
7~10万円(ワンルーム)くらいが相場
月額利用料金以外にかかる費用
バーチャルオフィス
郵便費用
レンタルオフィス
共益費、光熱費用
賃貸オフィス
共益費、保険費用、光熱費用、通信費(インターネット)
メリット3

万が一事業に失敗した場合でも金銭的なリスクが少ない

万が一事業が失敗した場合やうまく行かない場合もバーチャルオフィスなら金銭的なリスクが少ないのが特徴です。

一般の賃貸オフィス場合、契約内容にもよりますが、賃貸オフィスの契約期間は、2年間とされることが慣例です。

例えば事業がうまくいかずオフィス賃貸を2年未満で解約する場合、多額の違約金を払う可能性があります。

また違約金がかからなかったとしても、現状回復が発生したり多額の保証金が戻ってくることはないでしょう。つまり賃貸オフィスの場合、撤退するのにも多額のお金が発生するということになります。

一方バーチャルオフィスの場合は月々の支払いも2000円~5000円と安いため、万が一途中で解約しても金銭的な負担は少ないのダメージが少なくすみます。

起業や新規事業はも必ずしもうまくいくとは限りません。万が一失敗してもバーチャルオフィスなら金銭的な損失が最小限ですむのが特徴です。

メリット4

自宅の法人登記を避けて自分のプライバシーを守れる

プライバシーを、守イメージ

これは自宅で開業した場合との比較において成り立ちます。自宅で開業し、法人登記した場合名刺、ホームぺージ、会社案内などの会社所在地に自宅の住所や電話番号を記載することになります。

これは対面ビジネスでないアマゾンなどで個人でネットショップ開業する場合も同じです。

これらのネットショップ開業も「特定商取引法に基づく表記」の義務があり、自宅開業の自宅の住所や電話番号などをネットショップ内に記載しなければなりません。

ネットショップにしろ、リアルビジネスにしろ名刺やホームぺージに会社の住所を記載しないとビジネスの取引において信頼されることはないでしょうし。相手から信頼されなければ事業がうまくいくことはありません。

プライバシーを、守イメージ

しかし万が一仕事でトラブルが発生した場合などを考えると、できる限り自宅の住所や電話は公にしない方が無難です。

特に若い女性の方はなおさらです。仕事上の付き合いが元でストーカーになることも充分にあり得る話です。

この点バーチャルオフィスを利用すれば、会社パンフ、ホームぺージ、名刺などにバーチャルオフィスの住所を利用できるのでプライバシーを守ることができます。

メリット5

退去時の現状回復費用費もかからない

現状回復されたオフィス

通常のオフィスの場合だと借りた後、元の状態に戻さなければなりません。敷金で相殺され足りない時は立ち退き時に清算しなければなりません。

バーチャルオフィスの場合実際の事務所を借りることが無いので現状回復費用を払うこともありません実際のオフィス賃貸と違い、バーチャルオフィスの場合保障金がかかることはあまりありません。

メリット6

会社設立が最速!スピード起業できる

会社設立の際登記すべき場所が必要になりますので、賃貸オフィスを借りる場所探しから始まります。

直ぐに条件の合うオフィスが決まるとは限りません。また仮に見つかったとしても、現在入居している企業が退去する迄の間数ヶ月待つ場合もあります。

さらにオフィスが決まっても、入居審査、賃貸契約、電話回線、内装工事、インターネットの契約手続きなど様々な手続き業務があり、実際に会社が稼働するまで2~3か月かかる場合もあります。

バーチャルオフィスの場合即日契約も可能(※当社の場合)で煩わしい手続きもほとんどありません。

免許証などの本人確認書類など必要な書類さえあれば、3~4日以内で契約でき、その後すぐに登記申請ができるのでバーチャルオフィスの契約から登記申請し会社設立まで最短2週間で可能です。スピード起業で会社設立を考えるならバーチャルオフィスに軍配が上がります。

メリット7

複数の拠点を持つことは集客に有利

例えばバーチャルオフィスを都道府県ごとに複数契約し営業拠点を増やせばホームぺージなどの集客に有利になる場合があります。

インターネット検索でユーザーは「地域名+商品サービス名」で探す場合が多いのです。これは 人は何か商品やサービスを購入しようとして、ネット検索すると自分の住んでいる場所や会社から距離の近い業者を探す傾向が強くみられます。

例えば千葉でドアの修理業を営業している場合、ネット検索でホームぺージは「千葉」を含めた検索でヒットすることが多くなります。

東京や埼玉県などにもバーチャルオフィスを借りて拠点展開し、うまくホームページをつくり集客できれば、東京や埼玉県など地域でも検索にヒットし集客に繋がります。

またGoogleビジネスプロフィールなどでgoogleマップにも登録できるようになるため、「googleマップ」検索にもヒットするようになります。

メリット8

低料金で会社のイメージUPができる

例えば金融系の会社なら茅場町、IT系のベンチャー企業なら青山、渋谷、お堅い会社なら大手町、電気の会社なら秋葉原、場所にはそれぞれ固有のイメージがあります。

バーチャルオフィスを利用することにより所在地から会社のイメージアップ、ブランディングを図ることができます。

また初めての商談の際、名刺の住所が自宅の住所より、東京の一等地の住所を記載されていいた方が印象が良いということはいうまでもありません。

「東京のこの住所なら家賃が高いからそれなりに儲かっている会社なんだろうな・・・」など相手にそのような想像を抱かせることが可能です。

会社の所在地は想像以上に会社のイメージアップに貢献します。バーチャルオフィスを利用すれば低料金で会社のイメージアップに役立ちます。

メリット9

バーチャルオフィスによって異なるが様々なサービスが受けられる可能性もあり

これは運営するバーチャルオフィス会社により異なりますが、バーチャルオフィスで付属で付いているサポートに電話代行や経理代行等のサービスがあり、一緒に利用すると安くなったりと特典がある場合がございます。

その他経営のコンサル、助成金、補助金婚札サービス、定期的な役立つビジネスセミナーを開催したり、会員同士の横の繋がりができる異業種交流会を定期的に開催しているバーチャルオフィス会社もありますので、そういった面でもバーチャルオフィスはメリットがあります。

月額1950円バーチャルオフィス格安コースはこちら

お気軽にお問い合わせください

0120-833-834

受付時間9:00~17:00(平日)※土日祝日は定休

バーチャルオフィスのデメリット(欠点)とメリット(利点)について
LINE友達申請
バーチャルオフィス住所のみ格安コース
問合せ
電話する