東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • バーチャルオフィス+転送電話セットでも月額3,334円東京都内最安値クラス

あなたは個人事業主として独立できるか

個人事業主(フリーランス)として働く魅力は、「自分の好きなように仕事ができる」、「成果を100%自分のものにすることが出来る」と言ったものがあります。全く同じ労力で何倍もの収入が得られる可能性があると言う魅力があるものの、何の保証も無くなるというリスクもあります。

一攫千金の夢が見られる環境ではあるものの、その為には「失敗するリスクを管理できる」と言うことが必要で、それ如何によっては個人事業主(フリーランス)として独立起業できるかどうかが決まります。

キャッシュフローを適切に管理できるか


個人事業主(フリーランス)として独立起業すると言うことは、それまで会社が組織的に管理していた物事を全て「自分一人で管理する」と言う必要があります。営業をして仕事を受注し、その仕事を成して成果を回収する、回収した結果を帳簿に管理し、相応の税金・年金などを支払っていくと言うことを自分で行わなければいけません。

決して難しいことではありませんが、そういった管理が苦手な人にとっては大きな負担になるでしょう。ただ、個人事業主(フリーランス)として成した結果・成果は「すべてが自分のものになる」と言うのが大きな魅力であり、全く同じ成果を成した場合であれば雇用されている状況と独立起業した状況では価値が全く違います。

必ずしも個人事業主(フリーランス)として働けば収入が増えるとは限りませんが、その可能性は十二分に期待できるとすれば、多少の面倒や苦手意識があろうとも必要な管理は出来てしまうものです。

個人事業主に必要な資質とは

言ってしまえば、個人事業主(フリーランス)として働くために必要な資質は「自己管理能力」です。企業に属している段階では、決められた時間までに出社しなければ雇用を継続してもらうことが出来ませんし、決められた時間内は業務を行わなければいけないのも同じです。また、業務に関しても上司や同僚に対して迷惑がかからないように努める必要があり、それを怠ってしまえば雇用が打ち切られてしまう可能性があります。

つまり、「やるべき事をやらなければいけない状況」に強制的になっている訳で、そういった環境であれば自分がやるべき業務を淡々とこなすことは難しくありません。

しかし、個人事業主(フリーランス)として働き始めるとそういった制約が極端に無くなってしまいます。もちろん、収入を得ていかなければ生活できなくなってしまうと分かっていても、「まあいいか」と甘い考えに支配されてしまいやすくなります。このような状況を自制出来るかどうかがポイントです。

関連情報

フリーランスのお薦めのバーチャルオフィスサービス

問合せ
問合せ
single