東京のバーチャルオフィス

オフィスナビが選ばれる理由

  • 格安料金で提供月額1,950円東京の住所貸し・バーチャルオフィス
  • 郵便転送は手数料不要の実費のみ
  • バーチャルオフィス+転送電話セットでも月額3,334円東京都内最安値クラス

日本のフリーランス(個人事業主)の実態

個人事業主(フリーランス)として働いている人の数は年々増えています。この背景には「インターネット環境の充実」があり、中でも「クラウドソーシング」が登場したことが大きな影響を与えています。

クラウドソーシングを利用することで、何のコネクションも持っていない人でも個人事業主(フリーランス)として働くことが出来る様になりました。しかし、個人事業主(フリーランス)として働いている人が全て成功しているのかと言えば決してそんなことはなく、むしろ全体の10%未満程度しか安定した生活を成せる状況にはなっていません。

クラウドソーシングにおける個人事業主

クラウドソーシングを利用することで、誰でも簡単にフリーランスとしての仕事を見つけることが出来る様になりました。そもそもクラウドソーシングとは、その名の通り「不特定多数の企業・個人が仕事を発注し、それを不特定多数のフリーランス(個人事業主)が受注できる環境を提供する」と言ったサービスです。その為、日々多くのクライアント・フリーランス(個人事業主)が利用しています。

しかし、クラウドソーシングを利用している人は必ずしもプロではありません。そこに生計を賭しているプロも利用していますが、お小遣い稼ぎを目的とした主婦や学生なども大勢利用しています。自分が発注した仕事を誰が受注するのか分からない状況であれば、当然報酬は安くなってしまう可能性が高く、それだけで安定した収入を確保できる人と言うのは上位数%に過ぎません。

年収1000万円を超える人も居れば、年収10万円程度のクラウドワーカーも居いて、むしろ後者の方が圧倒的大多数です。

大衆向けから個人依頼に移行できるかがカギ


クラウドソーシングを利用している人の中で、十分な稼ぎを得られている人の割合は少ないのですが、だからと言って稼げないと言う訳では決してありません。年収1000万円を稼ぎ出すことは簡単ではないにしても、年収100~300万円程度であれば誰でも実現できる可能性があります。

大切なことは「効率良く単価アップを実現できるかどうか」で、低い単価から如何にして高い単価で仕事を受注できるようになるかがポイントになります。

クラウドソーシングには様々な報酬体系があり、単価も様々です。時給換算で100円にも満たない依頼もありますが、中には時給換算で1万円を超えるような依頼もあります。要はそういった高単価の依頼を受けられるかどうかがポイントになる為、その方法をしっかりと理解することが必要です。

多くのクラウドワーカーがそれを理解できていないと言うのが実情で、その結果として収入格差が大きくなってしまっています。

問合せ
問合せ
single