起業するのにオフィス無しで大丈夫 コワーキングスペースとバーチャルオフィスの利用

起業するのにオフィスは必要か?

昔は会社を立ち上げたらオフィスが必要というのが常識的な考えでしたが、今はオフィスを借りないでテレワークで業務を行う「オフィス無し」という会社の存在も当たり前になっている時代です。これから会社の起業を考えている方は「オフィス無し」という選択肢も検討した方が良いのではないでしょうか。

というのも、企業経営においてオフィスには多くの初期費用と維持費用が発生するからです。例えば、東京都心で10坪前後のオフィスを借りるとしたら、最低でも月々10万円前後の賃貸料がかかります。それに加え共益費、電気、水道代等も入れると、毎月11万円前後のランニングコストがかかる計算になります。また初期費用として敷金、礼金、保証金などの費用が発生するので、最低でもオフィス開設に100万円前後の資金の用意が必要となります。

ざっくりですが起業して最初の1年目はでオフィスにかかる費用が年間200万を超える計算になります。

固定のオフィス事務所を必要としないテレワークの環境が整ってきている

ツール

近年光ファイバー網の普及により、インターネットによる大容量のデータ送信が可能になりzoomやLINEなど無料でビデオ通話やチャットができるコミュニケーションツールが普及しました。また新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言などの影響により、ここにきて企業のテレワーク導入が一気に進みました。

テレワーク導入の結果、オフィスが無くてもなんとか仕事になるし、むしろ無い方が余計なコストがかからないので、コスト削減に繋がると発見した企業も少なくないでしょう。オフィスに対する「考え方」もここ数年で変わったのではないでしょうか?もちろんオフィスが無いデメリットもありますが、オフィスが無いメリットの方がデメリットを上回る場合も多くあります。

オフィスの所在地はバーチャルオフィスに

女性が㍶操作している

ではオフィスを借りない選択をした場合、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。会社設立するには会社の所在地となる場所の登記が最低限必要です。自宅に登記すればいいという考え方もありますが、自宅が賃貸などの場合、大家に登記の了承を得なければらならないので、登記が難しい場合があります。またプライバシーの問題もあり、できるならば自宅を登記しない方が無難な選択といえます。そこで会社登記の問題を簡単に解決する方法としてバーチャルオフィスの利用がお薦めです。

バーチャルオフィスについて詳しく知りたい方はこちらを参照ください。
バーチャルオフィスなら数千円で会社の登記場所の住所を借りることができます。

オフィス無しに適した業種

バーチャルオフィスを利用し「オフィスを借りない」という会社形態に適している業種で挙げるとすれば、IT、ソフトウェア、デザイン関連、広告、コンサルティング業界など、無形のサービスを扱う会社が挙げられます。そのほとんどがオフィス無しのテレワークで業務可能なのではないでしょうか。

逆に業種として難しいのが、オフィスの許認可が必要な業種(人材派遣、古物商など)や、ショールームや物流センターが必要な「物」を扱う業種が挙げられます。しかしそのような企業の場合でも、支店や営業所を部分的にバーチャルオフィスにするなどして、一部テレワークを導入するなどしてコスト削減も可能なのではないでしょうか。

複数社員がいる場合でもオフィス無で大丈夫か?

例え業種が「オフィスが必要なく」テレワークで可能でも、社員が複数いる場合少し難しいと考えがちです。何故なら業務内容によっては1人で完結しない仕事もあり、社員同士のコミュニケーションを進めながら行う仕事も多いでしょう。また実際に社員に仕事の指示を与えるうえで、直接手取り足取り教えた方が効率的という考えもあります。

その場合どうしもオフィスが必要と考えがちです。しかし、最近では前述の通り、コロナで企業のテレワーク導入が加速的に進んだため、テレワーク用のコミュニケーションツールが続々とリリースされています。無料で利用できるチャットやビデオ通話やバーチャルオフィスアプリなどがあり、これらを駆使すれば、社員同士も対面に近い密なコミュニケーションがとれるため、「オフィス無し」でも仕事が効率化します。

仕事場は貸スぺ―スまたはコワーキングスペース

そうは言っても研修、ミーティング、重要な会議など対面が必要な時もあると思います。また社員同士のコミュニケーションも大切です。それは否定できません。そのような場合はコワーキングスペースと時間貸しスペースを利用すればいいでしょう。

コワーキングスペースとは一言でいうと「仕事ができるカフェ」と表現できるでしょう。たいがいのコワーキングスペースはフリーデスクで、WIFI電源、など仕事環境が整います。会話や電話もOKというスーペースもありますので、社員同士の集まりや打合せも便利です。

しかしコワーキングスペースは他の人もいるシェアスペースのため、社外秘のことや営業研修はやりにくい場合もあります。そんな時は、時間貸スペースを利用するのがいいでしょう。最近では遊休スペースを貸しスペースとして時間貸し仲介するサイトが多数あり、設備の整ったスペースを格安で借りることができます。

「オフィス無し」を実現する会社はこのようなコワーキングスペースや時間貸しスペースをを効率的に利用する会社も多数存在します。

例えば週に1日はこのようなコワーキングスペースや貸しスペースを使い、対面での仕事やミーティングに当て、残りは自宅でテレワークなどにすれば、複数社員がいる場合でも連携がとれて仕事も効率的に進めることができるのではないでしょうか。

まとめ

オフィスや事務所を借りることにより賃貸費用だけでなく、水道代、電気代、オフィスに行くまでの社員の交通費が直接的、間接的にかかります。小さい会社や創業したばかりの会社ならその維持費用も馬鹿にならないはずです。オフィスをバーチャルオフィスにして、基本テレワークを導入しコワーキングスペースなどを定期的に利用した方がはるかに経費も節減でき効率的な経営が可能なのではないでしょうか?これから起業する方の参考になれば幸いです。

お気軽にお問い合わせください

0120-833-834

受付時間9:00~17:00(平日)※土日祝日は定休