起業オフィスの選択(住所貸しや貸し事務所か)

起業オフィスの選択は様々、自宅オフィス、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、貸し事務所などそれぞれのメリットデメリットを説明します

スモールビジネスの場合の起業オフィスの5択

オフィスで打ち合わせ

目次

    規模の小さいスモールビジネスであっても起業するためには仕事をする場所=オフィスが必要となってきます。しかし、オフィスを準備するためには場所が必要ですし、場所を用意するためには資金が必要となります。起業をする際は意外なほど早くお金が減っていきます。様々な準備をしますので、出来るだけオフィスを準備するための資金は軽減させていくことが理想です。
    もちろんきちんとしたオフィスを用意することで、自分自身のやる気を出すことが出来ますし、整った環境であれば仕事もスムーズに進めることができますが、やはりコストの削減も起業をすることを踏まえれば非常に重要なことだといえます。ここでは一人で起業をする際に必要なオフィスの種類について、自宅開業、貸し事務所、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィスの5つの選択肢についてご紹介していきます。

    月額1950円格安コースはこちら

    1自宅オフィス開業の場合

    自宅オフィス開業のメリットとは

    自宅を持っている場合は自宅をオフィスにする方も多いです。自宅を起業オフィスをする場合の最大のメリットは費用の安さです。家賃を軽費として計上をすることができますので、税金対策にもなりますし、新たに場所を借りるわけでもありますので費用はほとんどと言っていいほどかかりません。
    また、自宅で現在使用している機器をそのまま仕事として使用することが可能になります。もし、自宅以外で開業をしようと思いますと、どうしても通信機器やデスク、机、その他の家具などを揃えなければならないので、費用がかさんでしまいます。
    その他のメリットとしては、自宅が仕事場ですので通勤時間が無くなることになります。一人で起業する場合は何かと忙しくなることが多いので、通勤時間が無くなるのはメリットが大きいといえます。

    自宅開業のデメリットとは

    メリットが多い自宅開業ですが、自宅開業をするデメリットも目立ちます。まず第一としては自宅開業の場合はプライベートと仕事を分けることが出来ないというデメリットがあります。これは、非常に重要なことであり、息抜きが出来ない、常に仕事のことを考えてしまうなどといったことになってしまいます。
    また登記には自宅が会社として登記されますので、自宅に営業に来られたりなど、プライバシーを守ることも難しくなります。自宅の住所が公にされるというのは、非常に大きなデメリットだといえます。もし家族などがいる場合は、きちんとセキュリティーをしっかりとしておきませんと、泥棒などが入る可能性が高い(自宅に資金や機器などがあるため)ので注意が必要です。

    会社としての信用は薄い

    現在は地図アプリなどですぐに自宅の様子などを見ることが出来ますし、取引をする際は会社を調べるという方も少なくはありません。もし顧客や取引先などが自分の会社の住所を調べて、それが通常の自宅であった場合は、会社としての信頼感はあるのでしょうか。答えとしては、会社としての信頼感は非常に薄い、低いです。
    自宅で開業をしている=小さな会社と判断されることもありますので、きちんとした会社として認識をされたい場合は、自宅開業は避けておいた方が良いといえます。

    賃貸オフィスの場合

    初期費用が高い

    事務所賃貸オフィスは起業をする上で最もスタンダードな方法であり、多くの会社が賃貸オフィスを使用しています。しかし、起業したてで賃貸オフィスを借りてしまうのはあまりお勧めできません。その理由としては、初期費用が高いからです。
    オフィスを借りようとしますと当然敷金や礼金が掛かります。また、前払いの賃料もかかり、数百万円かかるケースもあります。都心部のそれなりの立地条件であれば借りるだけで数千万円の費用が掛かる可能性もあります。起業をした場合は営業もいかなければなりませんし、物販であれば商品の確保も必要です。
    そんなお金のかかるときにオフィスを用意するだけで数百万円、数千万円の出費は出来るだけ避けておいた方がよいのです。

    備品を一から揃える費用と時間

    賃貸オフィスを借りるのであれば、規模の大きさ関係なく電話機や机などの備品が必要になります。最近ではリースで貸し出しをしてくれるところもありますが、基本的にはお金がかかると考えておきましょう。また、通信回線を通したり、水道、電気の契約などもありますので、それなりの時間もかかります。
    起業をする上で時間は大切です。もちろん賃貸を契約する場合は、一日では終わりません。数日間賃貸契約にも時間を取られることも考えられますし、条件の合う建物がすぐに見つかるとは限りません。起業したての賃貸オフィスはハードルが高いといえます。

    家賃、その他費用

    費用の部分をもう少し掘り下げていきますと、賃貸オフィスを借りて運用していく為には家賃が必要となります。家賃50万円のオフィスを借りるとすると年間600万円かかります。社員が一人雇えるような金額になります。
    また、賃貸オフィスは更新料なども高い傾向にありますので、かかるランニングコストは想定しているよりも高くなってしまう傾向にありますので注意しておきましょう。
    もちろん立地が良いところであれば、会社として信頼感もありますし、営業などもやりやすく、人も集まりやすいでしょう。しかし、それだけの大金を出してまで賃貸オフィスを借りて、その費用を取り戻すまでにどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。それらのことを考えて賃貸オフィスを検討した方が良いでしょう。

    レンタルオフィス

    気軽に利用できるメリット

    レンタルオフィスはその名の通り、オフィスをレンタルするというサービスです。レンタルですので、かかる費用としてはレンタル費用のみです。レンタル費用としては場所や大きさにもよりますが、安いところですと月に3万円以下、高い所でも10万円以下であります。
    賃貸オフィスと比べると敷金や礼金などの初期費用無いところです。レンタルオフィスを利用するためには登録料がいりますが、それは1万円~3万円程度であり、賃貸オフィスの初期費用と比べても格段に安いのが特徴的で起業したての方の利用が多く気軽に借りられるのはレンタルオフィスになります。

    オフィスに必要な用品が揃っている

    起業後オフィスを準備しようと思いますと様々な物を購入しなければなりません。しかし、レンタルオフィスの場合は机などもありますし、コピー機やパソコン、電話機などすぐにでも仕事が始めれる環境が整っているのです。初期費用が安いうえに、用品を購入する費用もかかりませんので、起業したてで金額が気になる方は非常におすすめです。

    機密性が高い仕事には向いていない

    レンタルオフィスのイメージとして最も近いのはマンガ喫茶です。パーテンションなどである程度のスペースが区切られているブース型や、人が一人だけ入れるようなスペースの個室型などがあります。扉もついていますし、その扉には鍵を付けることが出来ますが、スペースを区切っているだけですので、電話の声が聞こえたり、場合によってはのぞき見をされることもあります(対策は取られていますが)。そのため、個人情報を取り扱うようなネットショッピングなどではお勧めはできません。ちなみにブース型の方が個室型に比べると高い傾向にあります。
    また、多くの人が出入りをするレンタルオフィスですので金銭や商品などの貴重品を置いておくことはほとんどの方がしていませんので、そういったことを生業とするのであればレンタルオフィスは向いていないといえます。

    オプション利用で賢く使う

    多くのレンタルオフィスではオプション設定があります。例えば、受付で取引先や顧客を取り次いでくれたり、電話代行などもしています。また、会議などを行う場合は会議室のレンタルなどもあります。
    もし来客などが多い場合は有効であるといえますし、応接室なども完備しているところもありますので、ある程度柔軟に対応してくれるでしょう。
    もちろんオプションを使用するのであれば、その分金額はかかりますがそれでも金額的には十分安いと感じることが出来ます。

    4シェアオフィスやコワーキングスペース

    オフィスには向いていない

    シェアオフィス近年非常に人気が高くなってきているのがシェアオフィスやコワーキングスペースです。特に若い世代を中心に人気があり、起業したての方、ノマドワーカーや個人事業主、フリーランスなどが滞在しています。その特徴としてはフリーデスクです。レンタルオフィスのように自分のスペースは固定されておらず、その日の空いている席に座って仕事をするというイメージになります。当然隣の人と近い距離になることもありますので、個人情報を取り扱う場合や、電話を頻繁にするような仕事は向いていませんし、仕事道具を置いておくこともできませんので、オフィスのように仕事をしたいという方は向いていません。

    仲間との交流にはおすすめ

    費用としては、立地条件や設備などにもよりますが、1万円~高くても20円程が相場であり、平均的な価格としては3万円前後が一般的です。電気代などは込みであり、場所によってはフリードリンク、軽食が準備されていたりなど設備も違ってきます。
    オフィスには向いていませんが、こういった低料金や設備を魅力として多くの人が集まるので交流の場所としては非常におすすめであるといえます。特に情報に売れ行きが左右されやすいネット通販や、客観的な視点が必要なデザインなどを仕事としている方には有益な情報が得やすい場所だといえるでしょう。
    スモールビジネスで起業をしている場合は、どうしても一人で仕事をすることが多くなり、人との交流が少なくなってしまいがちです。そのため、シェアオフィスやコワーキングスペースを交流の場として使っている人もいます。また起業したての人も多いので意気投合してビジネスコラボレーションが生まれる可能性もあります

    使い分けが有効

    シェアオフィスやコワーキングスペースは起業オフィスとしては個室ではないので、メリットは少ないといえます。しかし、仕事をする場所としては様々な人がいますので、刺激を受けますし、情報交換もできますのでメリットは大きいといえます。
    オフィスは賃貸やレンタルオフィス、後述するバーチャルオフィスなどにしておき、仕事をする場所としてシェアオフィスやコワーキングスペースを利用するなどの使い分けがシェアオフィスやコワーキングスペースを最大に活用する方法であるといえます。

    5バーチャルオフィス

    スモールビジネスにおすすめ

    スモールビジネスで起業をする方に非常に人気なのがバーチャルオフィスです。これは、厳密にいうと場所は借りません。借りるのは住所です。会社の住所として登記をすることができます。どのようなメリットがあるのでしょうか。まずは、住所を借りることが出来るということです。特に起業・独立するにあたりオフィスなどが必要ない仕事の場合、基本は自宅やカフェなどが仕事場になるかと思いますが、会社としてやっていく為には登記をする必要があります。登記は自宅でもできますが、賃貸の場合はできませんし、自分の住所が会社の本社として登記されますので、取引先など対外的にはあまりいい印象はありません。
    そういったときに使用するのがバーチャルオフィスです。これは、東京や大阪、名古屋などの比較的都市部に住所を構えることが出来ますので、対外的にはしっかりとした会社と印象が良いでしょうし、自分の自宅を晒すこともありませんので、安全面でも安心できます

    起業用オフィスとして費用は最も安い

    安いバーチャルオフィスは費用を考えると他の4つの方法と比べると最も安く、月額は1000円~5000円程です。賃貸物件が10万円の家賃とすると、100倍以上の差があります。年間でも1万2000円~6万円程度の非常に低コストで運用することが出来ます。また、電話番号を置くこともでき、オプションで電話の秘書を付けたり、電話転送サービスなどもありますので、本当に会社として活用することが出来るので、起業直後お金がない時は非常に有効です。

    起業したばかりはコストを抑えるのが重要

    スモールビジネスで起業した際は、取り扱う商品や販売経路が少ないことが多いですので、急に売り上げが落ち込んだり、反対に売り上げが上がり設備投資などにお金が必要なことがあります。そのため、出来るだけ手持ちにお金を残しておくことが会社として発展させるためには必要なのです。オフィスが必ず必要ないのであれば極力バーチャルオフィスを利用することをお勧めします。
    バーチャルオフィスでおすすめなのは、バーチャルオフィスのオフィスナビです。こちらは月額1950円の基本料で、郵便物を月に4回まで手数料無料で転送してくれるサービスがります。これは他のところはあまりやっていないサービスですので、もし迷っている方は是非お勧めします。

    起業した時オフィスをどうするか?まとめ

    起業をする際のオフィス選びは非常に重要なものとなります。ポイントとしてはどういった仕事をしていくのかで、オフィス選びは変わってきます。例えば、来客が多いのであればレンタル系はおすすめしませんので、賃貸オフィスが選択肢として考えられます。
    来客が少なく大半がネットや電話で成立するのであればバーチャルオフィスがおすすめです。バーチャルオフィスは費用が非常に安いので起業はもちろん副業をしている方にも人気であり、レンタルオフィスなどと比べてもそのコストパフォーマンスは群を抜いています。
    自分の仕事はどのオフィスが適しているのか、そのオフィスはコスト的には問題ないのかなど、ある程度の基準を作ることによって、適切なオフィス選びをすることが出来ます。

    問合せ
    問合せ
    single